漢字モードかどうかをカーソルで確認

投稿者:マーチン 2008年5月13日

 IME(漢字変換)が、半角英数モードか、かな漢字モードかによって、文字の入力位置を示す点滅するカーソル(キャレット)の色や幅を変更できる。初期設定では、赤い色のカーソルのときは「半角英数モード」で、緑色のカーソルのときは「かな漢字モード」。カーソルの幅も太くできるので、カーソルが見づらい方にもお勧めです。

【 ソフト名 】 SetCaretColor v0.03 (セットキャレットカラー)
【 著作権者 】 ねじねじ氏
【 動作環境 】 Windows XP / 2000
【ソフト種別】 フリーソフト

●インストール

(1)ベクター からファイル「SetCaretColor003.zip」をダウンロードする。
(2)圧縮ファイル(SetCaretColor003.zip)を解凍し、適当な場所(例えば、C:¥program files¥SetCaretColor)に移動する。
(3)「SetCaretColor.exe」へのショートカットを作成し、「スタートアップ」に入れると、次回は起動時。

●実行

(1)SetCaretColor.exe をダブルクリックすると起動する。(システムトレイでは確認できません)
(2)起動しているときに、SetCaretColor.exe をダブルクリックすると終了する。

●設定の変更

 カーソルの色や幅を変更することは、「SetCaretColor.ini」をメモ帳などのテキストエディタで開いて編集することで可能です。ファイル書き換え後に、一度SetCaretColorを終了して、再起動して有効になります。

設定変更例
キャレットの幅を8に、IMEが開いているときには青色に設定する

[Close] ;IMEが閉じられている時の設定
r=255
g=0
b=0
MinWidth=8

[Open] ;IMEが開いている時の設定
r=0
g=0
b=255
MinWidth=8


初期設定
設定変更後

●有効にならないアプリケーション

アプリケーションによって、カーソル変更の設定が有効にならない場合があります。
・「Microsoft Excel」「TeraPad」「EasyPad」では使えます。
・「Open Office」「Microsoft Word」では使えません。

●ユーザ補助オプションとの競合

 「SetCaretColor」のカーソル幅よりも、「ユーザ補助オプション」で広く設定していると、メモ帳、IE、システムダイアログでは、後者が優先されるようです。その場合は、「ユーザ補助オプション」の幅を狭く設定しなおしてください。
(1)[コントロールパネル] [ユーザ補助オプション] を選択する。
(2)[画面]タブを選択して、”カーソルのオプション 幅”のスライダーを調整して、[OK] をクリックする。

●色見本

色名 r g b
silver 192192192
blue 00255  
navy 00128  
green 02550  
yellow 2552550  
orange 2551650  
red 25500  
pink 255192203  
maroon 1764896  
aqua 0255255  
purple 16032240  
magenta 2550255  
DarkGreen 01000  
white 255255255  
gray 190190190  

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)