弱視者用のユーザー・スタイルシート (IE編)

投稿者:マーチン 2008年4月21日

 弱視のかたが、ウェブページを見るときに、文字の大きさや、背景とのコントラストが低いために、非常に見づらいことがあります。
 インターネットエクスプローラ(IE)では、スタイルシートを指定することで、表示のされかたを変更することができます。また、「!important」を使うと、そのスタイルを最優先にすることができます。(但し、クラスセレクタやIDセレクタを使っている場合には、優先させられない。)
 この機能を使えば、一般的なウェブページでも、弱視者に優しいページに変えることが可能です。「ユーザ補助のオプション」のハイコントラストに設定されている場合は、その設定を解除してから、ここで紹介する方法をお試しください。

●ユーザー・スタイルシートの指定

(1)[ツール] [インターネット オプション] [ユーザ補助]ボタンを押す。

(2)■自分のスタイルシートでドキュメントの書式を設定する
  にチェックを入れ、[参照]ボタンを押して、スタイルシートを指定する。

●ユーザ・スタイルシートの例

以下に、弱視者用のスタイルシートの例を示します。
(1)スタイルシート適用前

(2)lowvision-01.css (背景:黒色 文字:白色 リンク:黄色)

(3)lowvision-02.css (背景:青色 文字:白色 リンク:黄色)

(4)lowvision-03.css (背景:薄い灰色 文字:黒色 リンク:青色)


◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)