MyMail II のメールを大きな文字で印刷する

投稿者:マーチン 2007年7月26日

 MyMmail II は、視覚障碍者向けのメールソフトであるにもかかわらず、メールの印刷で、文字サイズが指定できません。弱視のかたで、文字サイズを大きくして印刷したい時に、メールの本文を、Myedit で開いて、文字サイズを指定して印刷する方法を紹介します。
 以下の説明は、テキストファイル(拡張子.txt)に、MyEdit が関連付けられている(拡張子.txtのファイルをダブルクリックすると、MyEditが立ち上がる)ことを、前提にしています。MyWord 等のほかのプログラムが割り当てられている場合も、印刷の指定の仕方が違うだけなので、参考にしてください。

●メールを一時ファイルに保存する

(1)MYMAIL II を起動する
(2)下矢印キーで、『受信ボックス』と読んだら、エンターキーを押す。

(3)下矢印キーで、印刷したい記事の題名を読んだら、エンターキーを押すと、メールの本文が開く。

(4)ALTキーで、『操作(F)トップメニュー』と読んだら、下矢印キーを押し、『名前をつけてテキスト保存(S)』と読んだら、エンターキーを押す。(ALT、F、S と順に押してもいい)

(5)ファイル名を読み上げるので、”いんさつ”と入力して、エンターキーを押す。

(6)ファイルがある場合には、『このファイルは すでに存在します。上書き保存しますか?エンターは はい、Nは いいえ』と読むので、エンターキーを押す。

(7)『セーブ終わり』と読んだら正常終了です。

●一時ファイルを開く

(1)MyFile を起動する
(2)マイドキュメント に移動する。(標準では、Cドライブ → Documents and Settings → ユーザ名 → My Documents)
(3)下矢印キーで、『いんさつ.txt』と読んだら、エンターキーを押す
(4)MyEdit が起動して、いんさつ.txt が表示される
(5)ALTキーで、『ファイル(F)トップメニュー』と読んだら、下矢印キーを押し、『印刷(P)』と読んだら、エンターキーを押す。(ALT、F、P と順に押してもいい)

(6)TABキーを押して、『高度な設定 の確認』と読んだら、スペースキーを押す。

(7)『行間を空けて印刷する の切り替え チェックなし』と読んだら、スペースキーを押して、チェックする。
(8)『印刷フォントサイズ の選択』と読んだら、上下矢印キーで、サイズを設定する(26に指定すると、高さ約10mmの文字になる)

(9)TABキーを押して、『OK の確認』と読んだら、スペースキーを押す。
(10)TABキーを押して、『OK の確認』と読んだら、スペースキーを押す。

●ショートカットを作ってスタートメニューに入れる

上では、MyFile から MyEdit を起動する方法を紹介したが、ショートカットを使えば、もっと簡単にファイルを開くことができる。
(1)MyFile を起動して、マイドキュメント に移動する。
(2)下矢印キーで、『いんさつ.txt』と読んだら、アプリケーションキー (またはShift+F10) を押す。
(2)『送る メニュー』でエンターキー、『デスクトップ(ショートカットの作成)』でエンターキーを押す。

(3)デスクトップ上に、”いんさつ へのショートカット”が作成されるので、それを選択して、アプリケーションキー (またはShift+F10) を押し、『切り取り』でエンターキーを押す。

(4)ウインドウズキー、エスケープキー、アプリケーションキー の順に押して、メニューを出し、『開く(O)』でエンターキーを押す

(5)ALTキー、右矢印キーで、『編集(E) トップメニュー』と読んだら、下矢印キーを押して、『貼り付け(P)』で、エンターキーを押す

(6)使い方は、メールを”いんさつ.txt” で保存した後、スタートメニューから、『いんさつ へのショートカット』で、エンターキーを押せば、MyEditが立ち上がる。

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)