画面情報を取り込む その3(実例:操作説明書を作る)

投稿者:マーチン 2007年7月16日

 通常、パソコンの操作説明書を作ろうと思ったら、「ワードなどのソフトで文章を書いて、画面情報を保存したファイルを挿入して」という手順になります。でも、自分の覚書だけでよければ、そんな手順を踏まなくても、画面情報を印刷して、手書きで説明文を加えれば、簡単に作成できます。

 例として、「Outlook Express でHTMLメールを送らない設定にする」ための操作説明書を作る場合で説明します。
 【まほろば】画面情報を取り込む その1(インストールと設定) に書いてある設定をしてから実行してください。
 

●残したい画面をプリンタに印刷する

(1)Outlook Express を起動する
(2)[ツール] [オプション] を選んだ状態で、
 [Ctrl]+[PrintScreen] を押す。(パソコンによっては、[Fn]キーを同時に押す必要がある)

(3)動作選択ダイアログが表示されるので、[印刷] をクリックする。

(4)[送信]タブを選択する。
(5)”メール送信の形式”の項目の
●テキスト形式
にチェックを入れる。

(6)[Ctrl]+[PrintScreen] を押す。
(7)動作選択ダイアログが表示されるので。[印刷]をクリックする。

(8)[OK]ボタンをクリックする。

●手書きで説明を追加する

 印刷された用紙に、クリックするボタンや説明を、手書きで書き加えて完成。



◆連載

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)