ピクトベアー入門 その3(レイヤー機能)

投稿者:マーチン 2007年6月24日

ピクトベアー(PicrBear)には、レイヤー機能が付いているため、イラストをきれいに色塗りしたり、合成写真を作ったり、写真を下絵にしてイラストを書いたりすることが簡単に出来ます。また、ここでは説明しないが、複数のレイヤーを加算処理や乗算処理などで合成できる本格的な機能もついています。

●レイヤーとは

 レイヤーとは、アニメのセル画のようなものです。透明なフィルムに絵を描いて、それを重ねることをイメージしてください。
 それぞれのレイヤーは独立しているので、たとえば、1枚目に描いても、2枚目、3枚目の絵は変更されません。
 

【まほろば】ピクトベアーでぬりえ その1(ファイルの作成)
以降の「ぬりえ」では、1枚目を輪郭、2枚目を色塗り、3枚目を背景として使っています。

●レイヤーダイアログ

 レイヤーダイアログで、★マークが付いたレイヤーだけ、表示します。★マークをクリックすると、消えて、そのレイヤーは表示されません。
 レイヤー名が、青色の反転文字になっているのが、書き込みできるレイヤーで、書込みできるのは、一つだけです。レイヤ2(色塗り)に書き込んでも、レイヤ1(輪郭)の絵はそのままなので、輪郭を消さずに色ぬりが出来ます。

レイヤー1(輪郭)だけ表示

レイヤー2(色塗り)だけ表示

レイヤー3(背景)だけ表示

全てのレイヤーを表示すると、

●レイヤーの操作

画像全体にではなくて、個々のレイヤーに対して、以下のような操作が可能です。
・レイヤーの削除
・新規レイヤーの作成
・レイヤーの複製(コピー)
・レイヤーの回転
・レイヤーの重なり順の変更 
・レイヤーの結合


◆連載
◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)