[ピカサ3 初級] 写真を修正(柔らかく)

投稿者:マーチン 2009年4月23日

 写真を柔らかく仕上げます。女性のポートレート写真にこの処理を施すと、美人に見えるかも。
編集前
編集前
グロー
グロー
ソフトフォーカス
ソフトフォーカス

●グロー

写真の白い部分の輝度を上げて、おぼろげな写真にします。スライダを使用して、グローの強さと範囲を調整します。
(1)[効果] [グロー] をクリックする。

(2)"強さ"のハンドルを、右へドラッグすると柔らかさが強くなり、"範囲"のハンドルを、右へドラッグすると処理をする範囲が広くなる。

●ソフト フォーカス

選択した中心点の周りのフォーカスをソフトにします。スライダを使用して、ソフト フォーカスを適用する範囲と度合いを調整します。
(1)[効果] [ソフト フォーカス] をクリックする。
(2)"サイズ"のハンドルを、右へドラッグすると処理する範囲が狭くなり、"度合い"のハンドルを、右へドラッグすると柔らかさが強くなる。

●他の効果

シャープ:
写真にある対象物のエッジをくっきりさせ、ぼやけないようにします。スライダを使用して、シャープにする度合いを調整します。
セピア:
写真をセピア色のトーンに変更し懐かしい雰囲気を出します。
モノクロ:
カラー写真を白黒写真にします。
ウォーム:
暖色を加えて色調を調整することで、温かみのある写真にします。
フィルム グレイン:
写真にフィルム特有の目の粗い加工を行い印刷時に写真をきれいに見せます。
ティント:
写真から色を取り除き、色合いを適用します。ティントの下の写真に元の色を追加するには、[色を維持] スライダーを使用します。
サチュレーション:
スライダーを使用して彩度を調整します。スライダーを左端に移動すると、画像はモノクロになります。一番右に移動するとパンチのきいた鮮やかな色合いになります。
モノクロ フィルタ:
カラー フィルタ付きのモノクロ フィルムで撮影したような効果を与えます。選択したカラー フィルタに応じて、写真の特定の色を黒くしたり強調します。
モノクロ フォーカル:
円形部分の色は変えずに、写真の残りの部分を白黒にします。色を残す部分のサイズやシャープネスを定義できます。
グラデーション:
カメラのグラデーション カラー フィルタのように、写真の上半分に色合いを適用できます。色合いのシェードや、写真の下半分をフェザー処理する度合いを調整できます。夕焼けを際立たせたり、灰色の空を青くするような場合に便利です。


◆連載

◆関連サイト

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)