システムの復元

投稿者:マーチン 2007年4月14日

Windows Me と XP には、「システムの復元」という機能が付いている。
「システムの復元」という名前から、すべてが元に状態に戻ると考えている人がいるかもしれませんが、その特性を理解せずに使うことは、大変危険です。

どのようなファイルを復元するかは拡張子によって決まります。例えば「.EXE」「.COM」「.INI」「.DLL」などの実行ファイルやシステム関連の拡張子が付いたファイルが対象となります。Windowsが復元対象として監視する拡張子は、C:¥WINDOWS¥SYSTEM32¥Restorefilelist.xml (WindowsXPの場合)に書かれています。

つまり、レジストリと一部のファイルだけを元に戻すため、コンピュータ全体での整合性が取れなくなる恐れがあり、どんな副作用があるかは予測できません。

「基本はバックアップを取ること」です。システムドライブは、正常に動作しているうちに、「丸ごとバックアップ」を取りましょう。何も打つ手がない場合には、「システム復元で戻れば儲け物」ですから、「復元ポイントを作成する」のは無駄なことではありません。



◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)