安全にPCを使うために その7(スパイウェア対策)

投稿者:マーチン 2007年2月11日

●対策1(必須):Windowsを最新のものにアップデート(更新)する

(1)アップデート前には、他のすべての作業を終了しておく。
(2)Microsoft Update から、"[高速] 優先度の高い更新プログラムを入手します (推奨)"を選択する。
【参考】
Windowsをお使いの場合のセキュリティ対策の方法 (Microsoft Update)
【Microsoft】WindowsXPのセキュリティを強固にしよう

(3)インストールが終了すると、PCの再起動を要求される場合がある。
(4)1回で終わりではなくて、同じ作業を、「重要な更新はありません」と表示されるまで繰り返す。

●対策2(効果:大):スパイウェア対策ソフトを使う

Windows Defender(ウィンドウズ ディフェンダー)
 Microsoftが無償で提供しているスパイウェア対策ソフト。
 [長所] 初心者でも使えるように、簡単な設定、シンプルな操作性
 [短所] Windows XPにしかインストールできない。PC-TalkerXP では画面の情報を読み上げてくれない。
 ⇒【Microsoft】スパイウェアをシャットアウト!
   【まほろば】Windows Defender その1(解説)

【CA】CA アンチスパイウェア2007 3,480円
 これを単体で買うよりも、他の機能も統合された「【CA】CA インターネット セキュリティ スイート 2007」4,280円 をお勧めします。

その他のフリーソフト
SpyDefence AntiSpyware(スパイディフェンス アンチスパイウェア)
 フリーの常駐監視機能付きアンチスパイウェアソフト。ベータ版(開発途上版)がリリースされているだけなので、使用は自己責任でお願いします。

Spybot(スパイボット サーチ&デストロイ)
 スパイウェアの検索・削除だけではなく、レジストリの掃除もしてくれるフリーソフト。設定を変えれば日本語を使用することもできる。強力な検出力の反面、誤検出が無いわけではないので、パソコン初心者には、あまりお勧めできない。

【注意】スパイウェアを駆除したらパソコンの調子が悪くなった?
 誤検知で検出されたWindowsの関連ファイルを削除してしまうと、そのソフトが起動しなくなってしまったり、場合によってWindows自体の調子が悪くなることがあります。

●対策3(効果:中):統合セキュリティ対策ソフトを使う


●対策4(効果:中):無償オンラインスキャン

 スパイウェアに感染していないかを、ネット上で確認できるサービス。無償ですが、駆除や削除は、できない。
CA 無料スパイウェアスキャン


【参考サイト】
【ウィキペディア】アンチスパイソフトウェア


◆連載

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)