安全にPCを使うために その3(心構え)

投稿者:マーチン 2007年2月5日

●心構え1:知らない人からのメールは開かない。

 タイトル(件名)と送信者で迷惑メールと判断できるものは、メール自体を開かない。
 また、たとえ知人から送られたメールであっても、添付ファイルをすぐには開いたり解凍したりしない。メールの内容に、「ファイルを添付しました」と無いのに添付ファイルがある場合には、ウイルスにより予期しないファイルを添付された可能性もあるので、本人に確認するのがよい。

●心構え2:メールアドレスを知らせない、使い分ける。

 掲示板、アンケート、ホームページには、できるだけメールアドレスを書かない。どうしても書かなければいけないときのために、別のメールアドレスを取得しておいて、普段のメールアドレスとは使い分ける。

●心構え3:あやしいホームページには近寄らない。

 悪意のあるホームページには、そのページを開いただけで、自動的に不正なプログラムを組み込む仕組みになっているものがある。未知のホームページや、信頼性の低い可能性があるホームページを開くことは、極力控える。
 広告メールを受信することでポイントがたまってキャッシュバックされるというサイトや、とても豪華な景品がもらえる懸賞サイトのなかには、登録だけさせて、いつのまにか閉鎖してしまったり、関係ないダイレクトメールがたくさんくるようになったりという事例もある。

●心構え4:迷惑メール(スパムメール)には反応しない。

 「配信停止ご希望の方は・・・」とあっても、絶対に返信はしない。但し、信頼できる会社のメールマガジンであれば、返信してもよい。もし、返信すれば、「このアドレスのメールは確実に読まれている。」「セキュリティに対する意識の低い人が使っている。」ということを教えるだけで、返信すれば、ますます迷惑メールが増える。

●心構え5:メール中のリンクはクリックしない。

 メールの文中にホームページアドレスが書いてある場合には、それをクリックして開かない。本物のサイトと酷似した偽のサイト「なりすましサイト」にアクセスしてしまい、IDやパスワード、クレジットカード番号を入力させられることも考えられます。
 例えば「○○銀行」へのリンクなら、まず、Google や Yahoo!など検索ページで「○○銀行」のアドレスを調べて、そこから目的の場所(ユーザ情報変更など)までリンクをたどる。
 同様に、ホームページの掲示板に書かれているリンクも、興味本位でクリックしない。

●心構え6:むやみに無料のプログラムをダウンロードしない。

 インターネットなどで配布されているフリーソフト(無償で使用できるソフト)には、無償での使用を許可する代わりに、宣伝目的として、自分の製品を紹介したり、自分のホームページに誘い込んだりするソフトが同時に組み込まれる場合がある。

●心構え7:ファイル交換ソフトは使わない。

 インターネットを利用して、不特定多数のユーザ間でファイルを交換できるソフトウェアは、使わない。ウイルスに感染したパソコンから「Winny(ウィニー)」ネットワーク上への個人情報の流出が日本中でおきたことは、周知のことで、全く他人事ではない。
 skype(スカイプ) や MSNメッセンジャー もシステムの一部の機能として、ファイル共有ができるので、ウイルスに狙われる危険性がある。

●心構え8:パソコン廃棄する時は、データを消去

 パソコンを捨てる時は、ゴミ箱を空にしたり、フォーマットをし直しただけでは、データを復元する方法がある。完全にデータを消去するソフトを使うか、あるいはハードディスクを取り出して、物理的に破壊してから廃棄をする。中古パソコンを売る場合には、データ消去を確実に行ってくれることを確認する。

●心構え9:専用の銀行口座を作る

 万が一、銀行口座や暗証番号が知られてしまった場合にも、被害を最小に抑えるために、ネットで支払いをするための銀行口座を、普段使っているものとは別につくり、最低限の金額しか振り込んでおかないようにする。

●心構え10:「SSL」によって暗号化されていることを確認する。

 通販サイトでショッピングするときや、個人情報を入力する必要があるときには、必ず「SSL(Secure Sockets Layer)」によるセキュリティ保護があるかどうかを確認する。
 SSLとは、通信データを暗号化する仕組みで、SSLで保護されたページに入力された情報は暗号化され、安全にデータをやり取りすることができる。 ブラウザの右下または、アドレスの右横には、カギの印が表示される。
インターネットエクスプローラ 6
ファイヤーフォックス
インターネットエクスプローラ 7
 PC-Talker では、[コントロール+シフト+3]で、
「ステータス情報 ページが表示されました SSL保護付き 128ビット インターネット」のように読み上げる。

◆連載

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)