マウスのダブルクリック、ドラッグができません

投稿者:マーチン 2006年7月21日
カテゴリ:上肢障碍者向け

●ダブルクリックができません

(1)他の方法で代用する

アイコンをダブルクリックで開くのが難しい場合は、アイコンを右クリックし、表示されたメニューの「開く」をクリックします。または、アイコンを1回クリックして【Enter】キーを押します。

(2)ダブルクリックの速度を調節する

(3)シングルクリックを使う


●ドラッグができません

マウスのドラッグ(マウスの左ボタンを押したままマウスを動かす)ができれば、操作が直感的で覚えやすい利点はあるけど、ドラッグの途中でボタンが離れたり、ボタンを押したままだとスムーズにマウス移動ができない人もいます。そんな人も、以下の操作方法を覚えれば、通常はドラッグを使う操作と同じことが出来ます。

(1)ウィンドウのサイズを変更する時

・[ALT]+[Space] [S]
・[←] [→] [↑] [↓] キーで、ウィンドウのサイズを変更
・[Enter]で決定、[Esc]でキャンセル

(2)ファイルを移動する時

・移動したいファイルのアイコンを、右クリックして、[切り取り]を選択
・移動先のフォルダを開いて、右クリックして、[貼り付け]を選択

(3)ファイルをコピーする時

・移動したいファイルのアイコンを、右クリックして、[コピー]を選択
・移動先のフォルダを開いて、右クリックして、[貼り付け]を選択

(4)テキストを選択する時

・選択したい部分の先頭にカーソルを移動し、[Shift]+[→] [←] で反転表示させる

●キーボードでダブルクリック、ドラッグ

 高機能キーボードマウスユーティリティ「KeyPointer」を使って、左右にあるShift、Ctrl、Alt の使わない方や、テンキーの一部に、ダブルクリックとドラッグに割り当てて、キーボードで、ダブルクリック、ドラッグの代用にする。

(1)ダウンロードとインストール

(2)設定

タスクトレイのアイコンをクリックすると、設定画面が表示されるので、下図のように設定して[OK]をクリックしてください。
設定画面

(3)使い方

・タスクトレイのアイコンが 休止アイコン の状態は、「Keypointer」が働いていません。上記の設定では、[Ctrl]+アプリケーションキー を押すと、アイコンが アクティブアイコン に変わり、使用できるようになります。
・キー配置は、以下のようになります。
キー配置

その他の設定のヒント

キー名仮想
キーコード
キー名仮想
キーコード
左Shift160右Shift161
左Ctrl162右Ctrl163
左Alt164右Alt165
10キー[+]10710キー[Enter]108
HOME36END35
※[Windows]キー、[アプリケーション]キーへの割当ては上手くいきませんでした。

◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)