キーボードが使いにくい

投稿者:マーチン 2006年7月19日
カテゴリ:上肢障碍者向け

●PCの設定を変更する


●キーボードの種類

 障碍者の方から、「ノートパソコンのキーボードは打ち易いけど、デスクトップのは使いづらい」と聞いたことがある。ノートパソコンでは、ほとんど「パンタグラフ式」を採用しています。軽いキータッチが特徴で、キートップのどの位置からでも垂直にストロークするため、キーの中心を打たなくても確実に入力が行われます。
 デスクトップ用の外付けキーボードでも、「パンタグラフ式」のものがありますので、使いやすいキーボードを探されるといいです。


●特殊キーボード、補助具

【テクノツール】小型ひらがなキーボード USB
・作動圧力は75gと小さく楽に入力
・キーガード付き
・テン・キー機能装備
・順次入力機能とロック機能(片手でのパソコン操作も可能)

【テクノツール】キーガード
目的のキーが不随意運動によって狙いが定まらない、他のキーも押してしまうといったトラブルを解決します。透明アクリルに個々のキーにあわせた穴をあけたキーボードカバーです。

【パソボラ茨城総会】キーガードの作り方
無色透明のアクリル板(3ミリ厚・幅32センチ・長さ55センチ)に穴を開けて自作する方法を紹介されています。アクリルカッター、電動ボール盤、ホールソーなどが必要なため、誰にでも作れるわけではないですが、ご参考までに。


◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)