micro:bit でオタマトーンメロディを作る 1

投稿者:マーチン 2019年9月28日

 「選択した曲のメロディを思い浮かべながら、演奏ボタンを押していくだけで誰もが知っている名曲を奏でる事が出来ます。(全11曲入り)」という明和電機の「オタマトーン メロディ」というおもちゃがあります。これのボタンを改造して外付けスイッチで操作できるようにした人がいます。「micro:bit でプログラムを書けば、同じようなことはできますよ」ということで、やってみました。音符をかたどった可愛いフォルムにはなりませんが。
 曲は、「きらきら星」「かえるのうた」「シラミ騒動」の3曲だけです。3曲目を知っている人は変わり者です。もちろん曲は自由に書き換えられます。


●動画



 シラミ騒動(作詞:さだまさし、作曲:さだまさし)


●スピーカー

P0のモノラルジャックに、100均のスピーカーを挿せば、音は出ます。でもあまり大きな音ではありません。

DAISOで300円(税別)で売っているUSBスピーカーは、とても性能がいいので、接続端子をGROVEコネクタに挿せるように改造して、P0端子を挿し換えると、音量調整でかなり大きな音まで出せます。改造方法と接続の仕方は、

●使い方

 P0にスピーカー、P2に外付けスイッチを接続します。
 電源を入れるを、1と表示されAボタンを押すと数字が変わります。Bボタンで決定です。
 最初に、曲名が表示され、外付けスイッチを押すたびに、1つの音符が鳴ります。
 曲名が表示されている間に、AボタンかBボタンを押すと曲選択に戻ります。

●プログラム

 ダウンロードは、
【まほろば】micro:bit プログラムのダウンロード オタマトーンメロディ (自動演奏なし)

 特別な技は使っていませんが、解説しろと言われると難しいものです。わからないところがあれば、質問してください。
 拡張機能 katakana (https://makecode.microbit.org/pkg/mbitfun/pxt-katakana)を使用しています。







◆連載
◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net)