スイッチで電池ボックス

投稿者:マーチン 2015年4月12日

 電源ボックスに、出力用のφ2.5mmジャックと、ON/OFFのスイッチを接続するためのφ3.5mmジャックを付けて、スイッチを押している間だけ3Vの電圧が出力される電池ボックスを作りました。

●電池ボックス

(1)3本入り単3電池ボックス(フタ、スイッチ付き)の1本分のスペースに、φ2.5mmとφ3.5mmのジャックを付ける穴をあける。
(2)電池ボックスの出力をφ2.5mmジャックに、ボックスのスイッチと並列にφ3.5mmジャックを接続する。

●使い方 1

で紹介した「動くブラシ」や「メロディーIC」を、スイッチを押している間だけ動作させることができます。

●使い方 2

  • 円盤型 振動モーター(2個入)\100 /2 (秋月電子通商
  • ラジオイヤホン φ2.5mmミニプラグ \108 (ダイソー)  ※φ3.5mm ではありません

(1)幼児の学習素材館「とんとん 紙相撲」 を開き、データをダウンロードして、プリンタで厚手の用紙に印刷し、切り抜いて組み立てる。
(2)イヤホンの耳に入れる部分を取って、振動モータのリード線にはんだ付けする。
(3)振動モーターを、紙相撲の土俵の裏側に両面テープで貼り付ける。


◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)