USBメモリに自動暗号化機能を追加する

投稿者:マーチン 2010年11月14日

 USBメモリはとても便利だけど、紛失した場合に保存されていたデータが流出してしまう危険性があります。そこで、パスワードを入力しないと、USBメモリ内のファイルのアクセスできないようにするソフトを紹介します。USBを取り外すだけで、暗号化機能が有効になるのでとても便利です。
 4GB以下のUSBメモリを非商用の個人利用の場合は、無料で使えます。制約のない有料版(USBメモリのセキュリティ+、++、#)も用意されています。

【 ソフト名 】USBメモリのセキュリティ 3.3.0
【 著作権者 】(資)カシュシステムデザイン
【 動作環境 】Windows 7 / Vista / XP
【ソフト種別】フリーソフト(非商用の個人利用のみ)

●特徴

(1)USBメモリへインストール
 セキュリティを解除するためのツールをUSBメモリ内にインストールしますので、「USBメモリのセキュリティ」がインストールされていないパソコンでも、セキュリティを解除することが可能です。
(2)パスワードでロック
 本ソフトをUSBメモリにインストールすると、 USBメモリをパソコンに取り付け後データを見るためにセキュリティを解除するためのパスワードの入力が必要になります。
(3)オートロック
 USBメモリをパソコンから取り外すと自動的にパスワードで保護されます。

●ダウンロードとインストール

(1)KASHU-ホームUSBメモリのセキュリティ を開き、「無料(非商用・個人利用限定) USBメモリのセキュリティ ダウンロード」 の下のアイコンをクリックして、ファイルをダウンロードする。

(2)ダウンロードしたファイル(usbenter_3.3.0.zip) を解凍し、「UsbEnter_Setup.exe」を実行する。
(3)USBメモリのセキュリティ セットアップウィザードへようこそ ⇒ [次へ]
  ライセンス条項 ⇒ ●同意する  にチェックを入れて、[次へ]
  インストールの確認 ⇒ [次へ]
  インストールの完了 ⇒ [閉じる]

●USBメモリに暗号化機能を追加する

(1)使用したいUSBメモリを、パソコンに挿す。
(2)デスクトップの「USBメモリのセキュリティ」アイコンをダブルクリックするか、[スタート] [すべてのプログラム] [USBメモリのセキュリティ] を選択する。
(3)簡単な説明書が表示されるので、内容を確認したら、
■次回からこの画面を表示しない
にチェックを入れて、[OK] をクリックする。

(4)左右の三角ボタンをクリックして、タブから機能を追加したいUSBメモリを選択し、[インストール]ボタンをクリックする。

(5)インストールの確認に対して、[OK] をクリックする。

(6)パスワードの設定ダイアログが現れるので、パスワードを2回(同じもの)と、パスワードを忘れた場合のヒントを入力して、[設定] をクリックする。
※パスワードは、大文字と小文字が区別されます。
※パスワードは、USBメモリ内に記憶されます。

(7)再度、インストールの確認に対して、[OK] をクリックする。

●暗号を入力してUSBメモリを開く (USBメモリのセキュリティの解除)

(1)USBを挿入して、以下のような動作を尋ねるメッセージが表示されたら、[USBメモリのセキュリティを~] を選択して、[OK] をクリックして、(4)へ進む。

 USBメモリ内のプログラムを自動実行する機能は便利なんですが、ウィルスの感染に悪用される場合があります。以下のページを参考に、自動実行しないような設定にされることをお勧めします。
  ⇒ 【まほろば】USBメモリで感染するウイルスが流行

(2)このメッセージが表示されない場合は、マイコンピュータ(あるいは、コンピュータ)から、USBメモリを開く。 暗号を入れずにみられるこの領域(非保護領域)は、解除ツールを入れるための0.5Mバイト程度の小さな領域なので、他のデータはほとんど入れることができない。“UsbEnter.exe”と“autorun.inf”は、削除してはいけない。

(3)「UsbEnter.exe」を実行する。
(4)パスワードを入力して、[OK] をクリックする。このとき、パスワード入力欄にマウスカーソルを移動すると、「パスワードを忘れた場合のヒント」がポップアップ表示される。

(5)再度、マイコンピュータ(あるいは、コンピュータ)を開き、USBメモリ(USBENTERED)をダブルクリックする。

(6)通常のフォルダと同様に使用することができる。


◆関連リンク

◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)