十字カーソルを表示 (CrossHair)

投稿者:マーチン 2008年9月12日

 弱視(特に視野狭窄)のかたがマウスを使用すると、マウスを見失ってしまうことが良くあります。CrossHair(クロスヘヤー)は、マウスカーソルの位置に、画面いっぱいの十字カーソルを表示するソフトです。

【 ソフト名 】CrossHair 1.1
【 著作権者 】Mike Lin 氏
【 動作環境 】Windows XP / Vista
【ソフト種別】フリーソフト(寄付希望)



●インストール

(1)「Mike Lin's Home Page:CrossHair」 から、ファイルをダウンロードする。
(2)ダウンロードしたファイル(CrossHair.zip)を解凍し、「CrossHairSetup.msi」を実行する。
(3)Welcome to the CrossHair Setup Wizard ⇒ [Next]
(4)Licence Agreement(ライセンス許諾)
「ソフトウェアは、保証なしで”そのままで”提供されます。作者は、このソフトを使用して起こる損害賠償に支払い義務を持ちません。
ソフトウェアは作者の明確な承諾書なしで、利益のために再配付してはいけません。 これ以外の目的なら、このソフトウェアの使用を、だれにでも許可します。」
●I Agree(同意します)
 にチェックを入れて、[Next]をクリックする。
(5)Select Installation Folder ⇒ [Next]
  (フォルダ「C:¥Program Files¥CrossHair」に、インストールされます)
(6)Confirm Installation ⇒ [Next]
(7)設定ダイアログが表示されるので、設定したら、[Save Changes(変更を保存)] をクリックし、[Close(閉じる)] をクリックする。
(8)Installation Complate ⇒ [Close]

●設定変更

インストール時に設定するほかに、[スタート] [プログラム] [CrossHair Configration] で、設定を変更できます。

(1)Enable CrossHair when my computer starts
  起動時に十字カーソルを有効にする
(2)Roving hotkey
  十字カーソルの表示/非表示を切り替えるキーの設定
(3)Hide cursor while crosshares are roving
  十字カーソルが表示されている間、マウスカーソルを表示しない(推奨:OFF)
(4)Stationary hotkey 
  移動しない十字カーソルを表示/非表示を切り替えるキーの設定
  (Ctrl+1 は、MS Offceのショートカットと競合するので、変更したほうがいい。変更するには、テキストボックスを選択して、変更したいキーを押す。[BS]キーで無効にできる)
(5)Line Width  線幅
  Line Color   線の色
  Line opacity  線の不透明度
(6)[Save Changes(変更を保存)] をクリックし、[Close(閉じる)] をクリックする。

●十字カーソルの表示/非表示

 ホットキーを使う他に、「C:¥Program Files¥CrossHair¥CrossHair.exe」を実行しても、十字カーソルの表示 と 非表示を切り替えられる。それには、以下の2つの方法がある。
・タスクバー の「クイック起動」に登録されたアイコンをクリックする。
・「C:¥Program Files¥CrossHair¥CrossHair.exe」へのショートカットを作成し、分かりやすいような名前(例えば、十字カーソル)をつけて、スタートメニューに登録する。

●起動時に十字カーソルを表示する

「C:¥Program Files¥CrossHair¥CrossHair.exe」へのショートカットを作成し、[スタート] [プログラム] [スタートアップ] の中に保存する。


◆関連記事

Copyright © まほろば. All Rights Reserved.(http://mahoro-ba.net/)