まほろば

文字入力時の予測変換 その3




.

文字入力時の予測変換 その3

投稿者:マーチン  2008年5月17日 【記事印刷】

 他にも、予測変換をする方法があるので紹介します。

●ズバリ簡単入力

 予測入力は、過去に入力した単語を記憶してユーザー毎に専用辞書を自動作成することで実現しています。オムロンで開発されたUNIX上の日本語入力システムWnn(うんぬ)は、携帯電話などの組込用(モバイルWnn、Advanced Wnn)に販売されており、Windows版については「Wnn98」として発売されていた。その後継となるのが「ズバリ簡単入力」のようです。

【 発売元 】 ソースネクスト 
【 動作環境 】 Windows 98SE/Me/2000 Professional/XP
【 価格 】 1,980円(税込)

 1行目に「晴れるでしょう」と入力したら、二行目に「は」と入れただけで、「晴れるでしょう」が候補に出てきました。

◆関連リンク

●Pete(ピート)

 単語予測およびパソコン操作予測機能を備えた、身体障碍者向けの入力・操作支援ソフトウェアです。
 身体障碍者およびその関係者・支援者の皆様は、利用者登録をしていただければ、Pete(ピート)のプログラムやマニュアル等を無料でご利用いただけます。一般のPCユーザーの方は、シェアウェア料金(2,205円) が必要です。
  画面に表示したソフトウェア・キーボードを使って、マウス操作またはオートスキャン方式の1スイッチ操作により、ウィンドウズの各種アプリケーションへ日本語の入力を行います。Ver.1.41からはハードウェアキーボードでの文字入力にも対応し、さらに多様な入力方式が可能になりました。

 Pete Ver.1.57 は、以下の環境で動作します。
Windows98, NT4.0以上 + MS-IME98,2002
WindowsME, Windows2000, WindowsXP + MS-IME2000,2002,ATOK11~15
(上記以外の組み合わせでは、IMEの変換辞書をPeteで使うことができません)

【ダウンロード】 障碍用・日本語予測入力ソフト

 不自由ながらもキーボードの操作ができるのであれば、予測候補の選択方法を手動スキャン方式 に設定(HardKeyboardOpt=False)することができます。[F8]キー:選択、[F9]キー:次の候補へ、[F10]キー:前の候補へ を使って候補選択します。


●予測変換ユーティリティ

SHARPのメビウスに付属する。単独での販売は行われてないようです。
◆関連リンク


◆連載

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ