まほろば

XP 標準のCD書き込み機能(書きこみ)




.

XP 標準のCD書き込み機能(書きこみ)

投稿者:マーチン  2008年3月30日 【記事印刷】

●書き込みの実施

(1)画面右下に「CDへの書き込みの準備ができたファイルがあります」と表示されたバルーンが出る。
(CD-RWの場合は、バルーン表示が出ない。)

(2)[マイコンピュータ] [CDドライブ] を開き、書き込むファイルを確認する。
 この段階ではファイルを指定しただけで、まだ書き込みは行っていません。取り消したいファイルがある場合は、「ごみ箱」に移動したり、[Delete]キーを押して削除することもできる。

(3)画面左側にある[これらのファイルをCDに書き込む]をクリックする。

 あるいは、[ファイル] [これらのファイルをCDに書き込む] をクリックする。

(4)「CD書き込みウィザード」が起動するので「CD名」を入力する。CD名は、日付けが表示されるのでこれをそのまま使っても良い。

(4)[次へ]をクリックすると、データの書き込みが始まる。書き込み中はパソコン操作をしてはいけない。また、[キャンセル]は絶対に押さない。

(5)終了画面が出たら、[完了]ボタンをクリックする。

●CDの空き領域が足りない場合

 書き込むファイルサイズに対して、CDの空き領域の容量が足りない場合、以下のようなメッセージが表示される。メッセージには、どれだけ減らす必要があるかが表示されている。
   ●ファイルを書き込まないでウィザードを終了する
にチェックを入れて、[完了] をクリックする。書き込むファイルを減らしてから、再度、「これらのファイルをCDに書き込む」をクリックする。


◆連載

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ