まほろば

BunBackup 応用 (セットするだけで自動実行)




.

BunBackup 応用 (セットするだけで自動実行)

投稿者:マーチン  2008年3月18日 【記事印刷】

 DVD-RAMディスク をセットしたり、USBメモリを挿入することで、そのボリュームラベルを判断して、自動的にバックアップをさせることができます。
 バックアップが終了するとDVD-RAMディスクをイジェクトしたり、USBメモリの「ハードウェアの安全な取り外し」を自動で行うことができます。
 また、この機能を使えば、複数のDVD-RAMにフォルダを分けてバックアップする作業も、間違えることなくできます。

●実例(DVD-RAM の場合)

(1)[ファイル] [名前をつけて保存する]で、設定ファイルを、ハードディスク内(マイドキュメント内やBunbackupをインストールしたフォルダ)に保存する。

(2)[設定] [機能表示設定] で、
   ■自動バックアップ
   ■ドライブ接続監視バックアップ
 をチェックする。

(3)[設定] [環境設定] で、[自動バックアップ]タブを選択し、[Windows起動時に常駐]をクリックする。

(4)[設定] [環境設定] で、[監視]タブを選択し、
   ■ドライブを監視し接続されるとバックアップを開始する
    ■ボリュームラベルによって設定ファイルを切り替える
  にチェックをし、[ボリュームラベル設定]ボタンをクリックする。

(5)[+]ボタンをクリックし、「ボリュームラベル」の右のボタンを押し、プルダウンメニューから、ドライブを選択すると、ボリュームラベルが入力されるので、[OK]をクリックする。

(6)「設定ファイル」の右のボタンをクリックして、ハードディスク内の設定ファイルを選択し、
   ■バックアップ後イジェクトする
  にチェックを入れて、[OK] をクリックする。

●実例(USBメモリ の場合)

 ほとんど同じ手順で、(6)のところで、
   ■バックアップ後安全な取り外し
 にチェックを入れる。

●複数のDVD-RAMにバックアップ

 バックアップを取りたい総容量が4.3GB以上の場合には、複数枚の DVD-RAMディスク(4.7GBのDVDメディア) に異なるボリュームラベルをつけておいて、ディスクごとに保存するフォルダが異なる設定をします。
 「ドライブ接続監視バックアップ」を使えば、ディスクを入れ替える作業だけで、間違えることなくバックアップすることができます。
 バックアップを実行する時には、以下のように簡単です。
(1)DVDドライブに1枚目のDVD-RAMを入れる。
(2)DVD-RAMのボリュームラベルから、BunBackupの設定ファイルが選ばれる。
(3)自動でバックアップを開始し、終了すると自動的にDVD-RAMがイジェクトされる。
(4)パソコンに2枚目のDVD-RAMを入れる。
(5)DVD-RAMのボリュームラベルから、BunBackupの設定ファイルが選ばれる。
(6)自動でバックアップを開始し、終了すると自動的にDVD-RAMがイジェクトされる。


◆連載

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ