まほろば

ワードの図 基礎7(テキストボックス)




.

ワードの図 基礎7(テキストボックス)

投稿者:マーチン  2007年9月23日 【記事印刷】

【使用ソフト】Microsoft Word 2003

 図の上に文字を書いたり、一部分だけ縦書きにしたりするには、テキストボックスを使う。テキストボックスは、背景の色や模様、枠の太さや色を指定でき、自由な位置に配置できるため、いろんな場面で使うことができる。

●テキストボックスの作成

(1)【方法1】
メニューバーの[挿入] [テキストボックス]から[横書き]または[縦書き]を選択する。

【方法2】図形描画ツールバーの [テキストボックス]または [縦書きテキストボックス]を選択する。

(2)「描画をここに作成します」という画面が出た場合には、[ESC]キーを押して、それを消す。

(3)作成したい「テキストボックス」の左上でマウスボタンを押したまま、マウスを移動して、右下でマウスボタンを離すと、四角い領域が表示される。

(4)縦線の文字カーソルが表示されたら、そこからキーボード入力ができる。

●テキストボックスの選択

テキストボックスの枠部分をクリックすると、周囲が細かい点状に囲まれます。これは、テキストボックスが選択された状態で、この時に、テキストボックスの移動、サイズ変更、書式設定、テキストボックス全体の文字サイズの設定ができる。

これに対して、テキストボックスの中央をクリックすると、斜線で囲まれています。これは、テキストボックス内の文字が編集できる状態。

●テキストボックスの移動、大きさ変更

 テキストボックスの枠の上で、マウスボタンを押してドラッグすると、移動できる。

 テキストボックスの枠の上の白丸○を、マウスボタンを押してドラッグすると、大きさが変更できる。

●テキストボックスのフォント、文字の大きさ、文字の色

(1)テキストボックスが選択されている状態で、書式設定ツールバーを使って、フォント、文字サイズを変更できる。
 

(2)テキストボックスが選択されている状態で、書式設定ツールバーを使って、文字の色を変更できる。

●テキストボックスの書式設定

(1)枠をダブルクリックする。

(2)「テキストボックスの書式設定」が表われ、枠内の塗りつぶし色や、枠の線の太さや形状や色を設定できます。



●行間隔の調整

(1)テキストボックスが選択されている状態で、メニューバーから[書式] [段落] を選択する。

(2)[インデントと行間隔]タブで、行間、間隔の値を設定する。行間を「固定値」、間隔を文字の大きさの1.5倍程度にするのがわかりやすい。

(例1) 行間:1行

(例2) 行間:固定値 間隔:20pt (文字の大きさ:14pt)


◆連載
◆関連記事


  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ