まほろば

ピクトベアーでぬりえ その4(色塗り1)




.

ピクトベアーでぬりえ その4(色塗り1)

投稿者:マーチン  2007年6月19日 【記事印刷】

●最初に

【まほろば】ピクトベアーでぬりえ その1(ファイルの作成)
の手順で作ったファイルを、色塗りするときは、必ず、真ん中のレイヤーを選択してから行う。

●ブラシで塗る

(1)[ブラシ]アイコン
(2)[ブラシ]ダイアログ で太さを指定
(3)[パレット]ダイアログ で色を指定 (または、[色の取得]アイコン
(4)マウスボタンを押しながら塗る

●色を消す

(1)[消しゴム]アイコン
(2)[ブラシ]ダイアログ で太さを指定
(3)マウスボタンを押しながら塗る

●線で完全に閉じられた部分か、同じ色の部分の塗りつぶし

(1)[塗りつぶし]アイコン
(2)[パレット]ダイアログ で色を指定 (または、[色の取得]アイコン
(3)塗りつぶす場所でクリック
(4)希望しないところまで塗れてしまったら、[元に戻す]アイコン

●線で完全に閉じられていない場合

(1)[塗りつぶし]アイコン を選択して、塗りつぶそうとするが

(2)下図のように、輪郭の一部が切れているため、塗りたくない部分にもはみ出してしまった時には、

(3)まず、[元に戻す]アイコン で戻し、

(4)[ブラシ]アイコン を選択して、切れている部分の内側をあらかじめ色塗りしてから、

(5)[塗りつぶし]アイコン を選択して、塗りつぶしを実行する。

●輪郭回りの白いふちどりが気になる場合

(1)[塗りつぶし]アイコン を選択して、塗りつぶそうとするが

(2)下図のように、濃い色のために輪郭回りの白いふちどりが気になる時には、

(3)まず、[元に戻す]アイコン で戻し、

(4)[ツールオプション]アイコン でツールオプションダイアログを表示し、[塗りつぶし]タブを選んで、色の範囲を200ぐらいに設定する。

※細い輪郭線の場合は、この値を大きくすると、線をはみ出して塗りつぶすことがあります。その場合は、少し小さい値(100ぐらい)に設定します。

(5)[塗りつぶし]アイコン を選択して、塗りつぶしを実行する。

(6)それでも、白く残る場合は、「ブラシで塗る」のように、ブラシで修正する。


◆連載
◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ