まほろば

書き込み可能なCD、DVDの種類とその特徴




.

書き込み可能なCD、DVDの種類とその特徴

投稿者:マーチン  2007年4月6日 【記事印刷】

 空のディスクも安く、誰に渡しても読むことができる点では、CD-R が最も手軽に使える。Windows XP では、標準で書き込み機能をサポートしているので、操作も簡単です。でも、一度書いたデータは消せないし、大きな画像ファイルや動画ファイルを入れるには、ディスクの容量の650MB(または700MB)は、十分に大きくはない。
 DVD-RAM は、使える機種が限られるし、空のディスクは高いけど、ハードディスクと同じ感覚で、ファイルの追加や削除ができるため、個人データのバックアップのように書き換えが多い場合には最適です。

種類容量(MB)書き直し備考
CD-R650×Windows XP 標準
ディスクが安い
CD-RW650Windows XP 標準
DVD-R、DVD+R4700×書き込みソフトが必要
DVD-RW 、DVD+RW4700書き込みソフトが必要
DVD-RAM4700Windows XP 標準
ハードディスクと同じ使い方
DVD-R DL、DVD+R DL8500×書き込みソフトが必要
対応機種が少ない
※DVD-RAMに書き込みするならXP標準のCD書き込み機能はオフにする必要があります。 ⇒デジタルARENA



◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ