まほろば

安全にPCを使うために その5(メールソフトの設定)




.

安全にPCを使うために その5(メールソフトの設定)

投稿者:マーチン  2007年2月6日 【記事印刷】

メールソフトでできるセキュリティアップの対策を、「Outlook Express」を例に説明する。他のソフトでも、同様の設定ができる場合もある。

(1)HTMLメールを受け取らない・送らない

 HTML形式のメールは、「表現力を豊かに」できるが、他のいろいろな仕掛けを仕込むこともできる。このため、メールの中に有害な操作をするスクリプトやウイルスが含まれていて受信者の個人情報が盗まれたり、パソコンが悪影響を受けたりすることがある。
 自分のためではなく、あなたのメールを受け取る人のために、文字だけのメールを HTMLメール で送るのはやめる。

快適メール生活 第2回 Outlook Expressの基本設定

(2)危険な添付ファイルは開かない

 添付ファイルには、開くだけでウイルスの感染するものがある。添付ファイルの拡張子が「.exe、pif、vbs、.bat」であるものは、すぐに実行するファイルなので開かない方がよい。

快適メール生活 第4回 設定を変えてウイルスメールを撃退しよう

(3)複数のメールアドレスを使い分ける

 掲示板、アンケート、ホームページには、できるだけメールアドレスを書かない。どうしても書かなければいけないときには、別のメールアドレスを取得しておいて、普段のメールアドレスとは使い分ける。

快適メール生活 第1回 メールアドレスはできるだけ流出させない


◆関連サイト

◆連載

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ