まほろば

ボイスポッパー3 その8(さらに使いこなすには)




.

ボイスポッパー3 その8(さらに使いこなすには)

投稿者:マーチン  2007年2月3日 【記事印刷】

●メール検索、記事検索

複数のメールや受信したニュースから、特定のキーワードを本文中に含むものを一括検索するための機能として、メール検索、記事検索があります。
(1)「メール一覧メニュー」から、[オルトキー]を押してコンテキストメニューを出し、「20 メール検索」に入る
(2)「メール検索ダイアログ」が表示されるので、単語を入力して[エンターキー]を押す
(3)該当するメールの件名を選択して、[右矢印キー]で読む

●ファイル選択ダイアログ、ディレクトリ選択ダイアログ

(1)[上下の矢印キー]で選択したいファイルを探す
(2)[右矢印キー]を押してディレクトリの中に入る
(3)[左矢印キー]を押してディレクトリ階層を戻る
(4)選択したいファイルかディレクトリにカーソルを合わせ、[エンターキー]で決定すると、ダイアログは閉じられる

※複数のファイルを連続して選択したい場合は、選択したいファイルにカーソルを合わせ、[シフト+右矢印キー]で選択済みにする操作を、必要なだけ繰り返す。
※マイドキュメントに移動するには、[シフト+左矢印]で、一番上の階層(マイコンピュータに相当)に移動し、「Cドライブ」「documents and settings ディレクトリ」「ユーザ名のディレクトリ」「my documents ディレクトリ」

●メールに添付されたファイルをPCに保存

(1)メールの本文を開いたときに「添付ファイルがあります」と読み上げる
(2)[エスケープキー]で、読み上げ停止をして、[上矢印キー]を何度か押すと、ファイル名を読み上げます。その前には、「添付ファイル:」と書いてある
(3)ファイル名を選択した状態で、[エンターキー]を押す
(4)「ディレクトリ選択ダイアログ」で、保存したいディレクトリを選択して、[エンターキー]を押す

●ファイルを添付したメールを送信

(1)メールを作成している状態で、[オルトキー]に続き、 [下矢印キー]で、「添付ファイル」と読み上げたら、[エンターキー]
(2)「ファイル選択ダイアログ」が開くので、添付したいファイルを選択して、[エンターキー]を押す

●定期的にメールやニュースを受信する

以下の設定をすれば、手動ではなく、数10分おきに自動的に受信できます。
(1)メール受信
[オプション設定] [メールの設定] [受信インターバル設定]
(2)ニュース受信
[ニュース関連] [ニュース受信インターバル設定]

●メニューの中を速く移動するには

メニュー項目数が多い場合、一つずつキーを押して移動するのでは時間がかかります。
速く移動するには、以下の6つの方法があります。

(1)10個単位のメニュー項目の上下移動は、Shiftを押しながら上下矢印キーを押します。
(2)100個単位のメニュー項目の上下移動は、Ctrlを押しながら上下矢印キーを押します。
(3)メニュー項目の最上部に移動するには、GまたはHomeキーを押します。
(4)メニュー項目の最下部に移動するには、Shift+GまたはEndキーを押します。
(5)メニュー階層をトップまで戻るには、左矢印キーを2回すばやく押します。
※すばやく2回押すことが難しい場合は、Shiftキーを押しながら矢印キーを押してください。
(6)メニュー番号の数字を入力して、直接その番号の項目に飛ぶこともできます。
(7)スペースキーを押しながらメニュー項目名の頭文字の英数キーを入力して、該当する頭文字の項目に飛ぶこともできます。

●外部エディター設定

エディタとして、他のものを使いたい場合には、以下の設定をする。外部エディタを使う場合には、スクリーンリーダーを起動している必要があります。
(1)メインメニューから、[オプション設定] [メールの設定] [外部エディター設定] に入る
(2)「外部エディタ設定のダイアログ」と読み上げたら、[タブキー]を押して、「参照のボタン」と読み上げたら、[エンターキー]を押して、エディタの実行ファイルを探して、[エンターキー]
例えば、MYEDITなら、「c:¥program files¥ksd¥myedit¥myedit.exe」
(3)[タブキー]を押して、「設定のボタン」と読み上げたら、[エンターキー]を押す。
(4)外部エディタを使うには、「メール作成ダイアログ」で、[オルトキー] [V] [G]

●メニューの項目の順序を入れ替える

 アドレスブック、振り分けルール、スクラップブック、ブックマーク、ニュースブックマーク、ニュースフォルダ、メール一覧メニューなどで、自分で追加できる項目は、その順序を入れ替えることができる。
 メニュー上で、移動したい項目のところで、[オルト+上矢印キー]を押して上に、[オルトAlt+下矢印キー] を押して下に移動することができる。
 [シフトキー]を押しながら順序移動操作をおこなうと、10個単位、[コントロールキー]を押しながらおこなうと100個単位で移動する。
 項目を削除するときは[デリートキー]を押す。

●コマンド2度押し設定

 コマンドは、「1回目の操作で実行する」か、「1回目はコマンド説明、同じキーをもう一度押すと実行する」かを選択できる。2度押し設定は、初心者やアメディア社製品に慣れているかたには、使いやすいかもしれません。そのほかの人は、「1回で実行」を選択するのがよい。
 メインメニューから、[7 オプション設定] [6 その他の設定] [コマンド2度押し設定]

●プログラムのバージョンアップ

「このバージョンの試用期間が終了しました、継続して試用するには新しいバージョンのインストールが必要です。」のように読み上げたら、プログラムのバージョンアップが必要です。
(1)メインメニューから、[13 メンテナンスツール] [11 バージョン情報]
(2)「このプログラムのバージョン番号は X.XXXX です、新しいバージョンX.XXXX がみつかりました、自動アップデートを行いますか?」と読み上げるので、[はい]のボタンを選択する
(3)アップデートが終了すると、自動的にウインドウズが再起動する


◆連載

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ