まほろば

無料メールで迷惑メール対策 その1(概要)




.

無料メールで迷惑メール対策 その1(概要)

投稿者:マーチン  2007年1月10日 【記事印刷】

 無料メールにも、ウィルスチェックをしてくれたり、迷惑メールの自動振り分けをしてくれたりするものがあります。さらに、POPアクセスが可能なものもあるので、プロバイダーからのメールと同じように、Outlook Express などのメールソフトでの送受信ができます。
 さらに、メールを残す設定にしておけば、WEBメールを使って外出先から見ることができたり、容量が大きいのでメールのバックアップとしても使うことができます。

 これら満足するのが、Google(グーグル)の「Gmail」とYahoo(ヤフー)の「Yahoo!メール」ですが、お勧めなのは、保存容量が大きくて、迷惑フィルタの精度が高い「Gmail(ジーメール)」です。

●仕組みの説明

 プロバイダーにウイルス対策や迷惑メール対策が無ければ、普通のメールに混じって色んなメールがPCに届いてしまいます。もし、あなたの送信したメールにウイルスがついていれば、他人にばら撒いてしまうことになります。

 プロバイダーに届いたメールを、一旦、Gmailに転送して、Gmailによって迷惑メールが取り除かれたメールだけを、PCで受け取ります。この仕分けする精度が良いことと、大容量であることが特徴です。また、自分が送信するメールの添付ファイルにウィルスが見つかった場合、添付ファイルを削除するまで、メッセージを送信することはできませんので、加害者になることもありません。 さらに、PCとサーバーの間は、SSL(暗号化通信)に対応しているため、通信内容を傍受(ハッキング)される危険性もありません。

●Gmailの特徴

【特徴】
・Webサイト:https://mail.google.com/mail/
(http://~ ではなくて、https://~ でアクセスすると、PCとサーバーの間の通信内容が暗号化されるSSL通信になるので、安全性が高まります。)
・料金は無料
・保存容量は2 GB以上
・メールの上限サイズは、10MB以内
・Google 検索と同じ方法で、メールの検索ができる。
・本文には広告が挿入されない(WEBメールの右側コラムに表示されるだけ)
・6 か月間ログインしていない Gmail アカウントは、休止状態となり、さらに3 か月間、ログインしていない場合は、すべてのメッセージが削除される。

【ウィルス対策】
ウィルス対策に関するよくある質問
・添付ファイルの送受信が行われるたびに自動的にウイルスの有無が検査される。
・自動的にウィルスの駆除が実行され、駆除できない添付ファイルはダウンロードすることはできない。

【迷惑メール対策】
迷惑メールに関するよくある質問
・迷惑メールを削除するには、Webメール上から、チェック ボックスをオンにして、[迷惑メールを報告] をクリックする。
・実際には、自分で [迷惑メールを報告] をしなくても、かなりの高い精度で、はじくことができる。
・ネット上のたくさんの人が、[迷惑メールを報告] をしてくれるほど、スパムフィルタの精度が上がる。

(注意)スパムフィルタの精度がよいからと言っても、100%完璧ではありません。稀に必要なメールがスパムと判断され迷惑メールフォルダに振り分けられることもありますので、たまには(30日間保管)、WEBメールで迷惑メールフォルダを確認する必要があります。

【パソコンで送受信】
・Gmail側と、PC上のメールソフトの設定をすれば、迷惑メールを除いたメールを、「Outlook Express、Outlook2002、Thunderbird、Eudora、Becky!」などのメールソフトで送受信できる。
・メールソフトが、SSL(TLS)による通信に対応していなければならないが、「Stunnel for Windows」というフリーソフトを使えば、この問題はクリアでき、どんなメールソフトでも、Gmailを送受信できるようになる。
・従来使っていたメールアドレスを変えたくない場合は、Gmailのメールアドレスへ転送するように、プロバイダーの設定を変更すれば、アドレスはそのまま使える。
・一般のメールと違うのが、同じメールを複数のPCでダウンロードできないこと。プロバイダーからのメールは「サーバーにコピーを置いておく」ことで2台以上のPCで同じメールを受信できるが、GmailのPOPアクセスでは、これができない。そこで、メールソフトで見るのは1台だけにし、他のPCでは、WEBメールで閲覧してください。


◆連載

◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ