まほろば

ハードウェアの安全な取り外しをアイコンで




.

ハードウェアの安全な取り外しをアイコンで

投稿者:マーチン  2006年9月16日 【記事印刷】

 USB接続のハードウェアを取り外す時には、タスクトレイ(システムトレイ)内のアイコンをクリックする必要があるが、弱視の方やマウスでの細かい作業が苦手な方にはちょっと厄介かもしれません。
 こんな時は、取り外し機能をショートカットアイコンにしてデスクトップに置く方法があります。

●設定方法

 (1)デスクトップの何もないところを右クリックして、[新規作成] [ショートカット] を選択

(2)「ショートカットの作成」ウィザードで、
     rundll32 shell32.dll,Control_RunDLL hotplug.dll
   と入力して[次へ]

 (3)ショートカットの名前には、「ハードウェアの安全な取り外し」と入力して、[完了]

●アイコンを変更する

 (見栄えを整えるだけです。機能上は必要ありません)
 (1)デスクトップのアイコンを右クリックして、[プロパティ] を選択

 (2)[アイコンの変更]をクリックして、
   [参照]をクリックして、
    Windows XP/2000 の場合 C:¥WINDOWS¥system32¥hotplug.dll
    Windows ME の場合 C:¥WINDOWS¥SYSTEM¥SYSTRAY.EXE
  を選択(C: は、OSがインストールされているドライブ名)して[開く]
 (3)アイコンを選択して[OK] [OK]

 (4)デスクトップ上にアイコンが出来ました


◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ