まほろば

【Google講座 第2回】 アンド(AND)検索




.

【Google講座 第2回】 アンド(AND)検索

投稿者:マーチン  2006年8月16日 【記事印刷】

ぺこちゃん一番基本的な使い方は、枠の中に、調べたい言葉を書いて[Google(グーグル) 検索]をクリックすれば、その言葉が書かれたページを紹介してくれるのです。
まほちゃんどんな言葉でもいいのですか?
ぺこちゃん普通は、2個から4個ぐらいの単語を、空白をあけて並べて書きます。複数の単語を全て含むページを探すので、アンド(AND)検索と呼びます。この時、半角と全角、大文字と小文字は同じものとみなされるから気にしなくてもいいですね。
ぺこちゃんPC-Talkerをお使いの方は、最初に「Google検索の文字入力」と読み上げるので、2個から4個ぐらいの単語を、空白をあけて並べて書いたら、[Tab]キーを押し、「Google検索の確認」で[Space]キーか[Enter]キーを押します。
まほちゃんどんな長い文章でもいいのですか?
ぺこちゃん文章じゃなくて、単語を並べてね。なにか、調べたいことはない?
まほちゃん今度、家族で名古屋に行くんですけど、お昼にどこかで食事をしようかなって思っているんです。
ぺこちゃんじゃあ、そんな時は、「おいしい ラーメン 名古屋」と入力して、[Google検索]ボタンをクリックすると、
「おいしい ラーメン 名古屋」の検索結果

まほちゃんたくさんの文字が出てきたんですけど。
ぺこちゃんこれを、「検索結果」って言います。これの見方は次回に説明します。
まほちゃんなんか楽しそうですね。また今度お願いします。



  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ