まほろば

ジェスチャーセンサー(micro:bit 2)




.

ジェスチャーセンサー(micro:bit 2)

投稿者:マーチン  2019年12月3日 【記事印刷】

 micro:bit と ジェスチャーセンサー を使って、BDアダプタや改造したおもちゃを動かします。micro:bit から出力するために不可欠な「リレーモジュール」の作り方は、以前紹介したものから少し改良しています。

●動画

 手のひらを右に移動すると、P1端子に接続されたペンライトが光り、左に移動すると消えます。手のひらを(いったん離して)近づけると、P2端子に接続されたファンが回り始め、もう一度近づけると、止まります。スイッチをONにしてから10秒以上経つと、自動でOFFになります。


●プログラム

 前出のデモプログラムに、端子へのデジタル出力と自動オフ機能を追加しただけです。
(1)変数[スリープ時間](秒)を設定し、変数[最終操作]と、変数[ラッチ動作]を初期化する。

(2)右へ移動の(分岐=1)ときに端子P1をONにして、左へ移動の(分岐=2)ときに端子P1をOFFにする。

(3)近づいた(分岐=5)ときに変数[ラッチ動作]の値を反転し、端子P1を真ならON、偽ならOFFにする。

(4)最後にスイッチをONにした時間より、10秒(スリープ時間×1000 ミリ秒)経過した場合は、P1、P2端子をOFFにする。

◆全リスト
 一番下の[ダウンロード] をクリックすると、プログラムをダウンロードできます。

●リレーモジュール

 micro:bit からの信号に応じて、フォトリレーを介して接続した回路をON/OFFするためのモジュールです。スイッチインターフェースの第1世代でも第2世代でも使えます。

◆何故変更するのか
 【まほろば】micro:bitでおもちゃを動かす 1
で紹介した作り方では、出力側がオーディオジャック(メス)になっているので、BDアダプターなどの機器と接続するには、オス-オスの接続ケーブルが必要になります。しかし、このケーブルを「リレーユニット」を介さずに接続をすると、場合によっては、micro:bit にダメージを与えかねません。ですから、リレーユニットをオス-オスケーブル状にしました。また、少しだけ作りやすくなりました。

◆購入品 (3個分)


◆製作方法
(1)ユニバーサル基板を、上図の寸法に切断する。
(2)ピルケースにΦ5mmの穴を2個あける。

(3)抵抗の足を図のように曲げる。足の残りの1本を基板に挿してはんだ付けをする。

(4)抵抗と、L型ピンヘッダーを図の位置に挿して、はんだ付けする。ピンヘッダーは、半分ぐらいの長さで切る。

(5)フォトリレーの●印の位置に注意して、はんだ付けする。

(6)LEDの足の長い方の位置に注意して挿し、裏側で曲げてピンヘッダの足にはんだ付けをする。LEDの根元もはんだ付けする。

(7)ダブルコードを8cmの長さに切り、LED側のピンヘッダに、図の矢印を白線にしてはんだ付けする。もう1本のダブルコードを、フォトリレー側のピンヘッダに、図の矢印を白線にしてはんだ付けする。

(8)ダブルコードにコードブッシュを通して、ケースの内側から外に出す。複数個作成する場合は、ケースの向きを統一しておかないと、ケース同士が連結できない。

(9)白線よりも黒線を3mm短くしてから3mmの被覆を剥き、白線をプラグの短い端子に、黒線を長い端子にはんだ付けする。

(10)両側のコードをゆっくり引っ張って、基板をケースに収める。


◆連載
◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ


 
△ 先頭へ