まほろば

micro:bit ジョイスティック型スイッチ




.

micro:bit ジョイスティック型スイッチ

投稿者:マーチン  2019年2月25日 【記事印刷】

 micro:bitスイッチインターフェースで、ジョイスティックを使った入力ができるようにしました。前の項目、次の項目、選択の役割をさせたり、ページをめくる役割をさせると、直感的な操作になります。

●購入品

品目金額
【スイッチサイエンス】GROVE - ジョイスティック874円
【スイッチサイエンス】M5Stack用GROVE互換ケーブル 50 cm388円/2
【ヨドバシ】MEIHO MC-60 [クリアケース]58円
M2×10 のネジ、ナット 3組
圧着端子 4個
カーボン柄シート、結束バンド



●製作方法

(1)ケースの深い方に、φ26mmの穴を開ける。
(2)ケースの浅い方の3箇所に、φ2.5mmの穴を開け、GROVEジョイスティックをM2ネジで固定する。

(3)外側から、カーボン柄シートを貼り、穴の部分を切り抜く。
(4)ケースにケーブルが通る寸法の切り込みをいれて、GROVEケーブルが少したるんで止まる位置に、結束バンドをつける。

(5)ケーブルの反対側は、コネクタを切断し、熱収縮 チューブと圧着端子をつける。

(6)黒線をGNDに、赤線を3Vに、黄線(外から2番目)をP2に、白線(一番外)をP1に接続する。

注意)ジョイスティックに付属してくるGROVEケーブル(写真左)の色は、GROVE - 4ピンケーブル は一番外が黄色に対して、M5Stack用のGROVE互換ケーブル(写真右) は一番外が白色です。色ではなく、線の順番を一致させてください。

●ソフトの書き換え

(1)以下のファイルを、Windows PCでダウンロードする。
microbit_switch_if_joy_190316.zip
バージョン:JOY-190316
(2)マイクロUSBケーブル(Aオス-マイクロBメス) でPCと接続する。
(3)ダウンロードしたファイルを解凍し、ドライブ”MICROBIT” を開いて、hexファイルをドラッグ&ドロップする。
※ソフトウエアを書き換えた後は、ペアリングのやり直しが必要です。

ソースコードは、

●設定方法

 ジョイスティックを左右上下の4方向と、スティックを押し込むまたはP0端子に挿したスイッチを押すことの5種類の入力ができます。

◆キー割り当て とアプリ別機能




 ※1 [Setting] [Switch Scanning] [TWO]
 ※2 [HOME]を長押しし、[Setting]
     "Scanning Device Type"で [Space and Enter Switch]
 ※3 [設定] [スイッチインタフェース]で、 ステップスキャン、シングル にチェックし、
    スイッチ1:Enter、スイッチ2:スペース、スイッチ3:タブ
 ※4 [その他] [アプリの設定] "外部スイッチを有効"をON
 ※5 毎回実行する。[Switch Settings] ■Enable Switch ●2 Switches
 ※6 [設定] [操作] [設定] で、Left:Right arrow、Right:Left arrow、Forword:Space

◆キー入力繰返し設定
 キーのリピートで適切な時間が設定してあれば、キーを押し続けたときに移動を続け、離せば停止するようになります。この設定は、スイッチ入力だけでなくスクリーンキーボードでの入力にも影響を与えます。
(1)[設定] [一般] [アクセシビリティ] [キーボード]
(2)とりあえず、[キーのリピート] をONにして、キーのリピート間隔を0.7秒、リピート入力認識までの時間を0.7秒に設定する。

(3)ジョイスティックを倒しっぱなしにしてみて、時間を調整する。

◆DropTalk(ドロップトーク)
(1)[設定] [アクセシビリティ] で、ステップスキャン、シングル、ズーム を選択する。

(2)スイッチ1の入力枠をタップしてジョイスティックを下に、スイッチ2でジョイスティックを右に、スイッチ3でジョイスティックを左に傾ける。

※”英語キーボードでキー入力してください”と注意書きがありますが、ここで作成したスイッチインターフェースを使えば、日本語キーボードのままで構いません。


◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ