まほろば

あごで押すスイッチ その2




.

あごで押すスイッチ その2

投稿者:マーチン  2018年12月31日 【記事印刷】

 あごで押すスイッチに、首を左右にひねって押せるスイッチ2個を追加しました。3本の配線が必要なので、micro:bit スイッチインターフェースを小型にして、ネックピローに埋め込みました。小さな3.5mmモノラルジャックがあれば、もう少しスマートになったかな。


●スイッチインターフェース

品目金額
【秋月電子】小型マイコンボードmicro:bit 2,160円
【スイッチサイエンス】単四2本電池ボックスJST PHコネクタ付 183円
【マルツ】3.5mmモノラルジャック (MJ164H) 3個227円
【マルツ】超小形スライドスイッチ97円
プラスチック容器108円/4
圧着端子 R0.5-3 6個
超低頭小ネジ M3×12~16mm 2個
皿小ネジ M3×10 3個
ナイロンスペーサー M=3 L=2 2個×2箇所
M3 ナット 9個
M2 ネジ 2個、リード線、両面テープ、単4乾電池

 作成方法は、他の記事を参考にして下さい。ボタンA,Bの穴を小さく(φ6mm)して、ナイロンスペーサーを2個重ねることで、ケースの外からボタンA,Bを押しづらくしています。
 コネクタなしの単四2本電池ボックスのリード線に、圧着端子を圧着し、黒をGNDに、赤を3VにつないでもOKです。


 電池ボックスのリード線を引っ張った時に、スライドスイッチのはんだ付け部に力がかからないように、リード線を容器の端に入れた2本のスリットに通している。
 
 完成したスイッチインターフェース(真ん中)を、今まで作ったものと比較すると、最小ではないけど結構小さい。

●ベルト付きスイッチ

品目金額
【マルツオンライン】3.5φモノラルプラグ 3個240円
【秋月電子】ユニバーサル基板 36x47mm 3個90円
【モノタロウ】omron ヒンジ形タクタイルスイッチ 3個318円
エーモン ダブルコード 0.2SQ 125cm約100円
M3×10 のネジ、ナット 6組
べんりベルト 3本108円
低反発ネックピロー(Daiso)432円
カーボン調シート(Seria)少々
※ここで使った「低反発ネックピロー」は、数軒のDaisoのうちで1軒でしか見かけていません。入手が難しいかもしれません。


(1)ユニバーサル基板を半分に切って、両端にφ3.2mmの穴を2個開ける。角を丸めてカーボン調シートを貼る。その時、3枚は電極印刷面に、残りの3枚はその裏面に貼る。

(2)左右用の横配置のスイッチを2個製作する。ケーブルの被覆を下図のようにはがして、それで配線する。ケーブル長さは50cm。

(3)あご用の縦配置のスイッチを1個製作する。ケーブルの被覆を下図のようにはがして、それで配線する。ケーブル長さは25cm。

●組み立て

(1)ネックピローの低反発スポンジを取り出し、穴をあける。
 ベルトは、そのままでは長すぎるので、一部を折り重ねて、糸で縫って短くする。100均で「お弁当箱用ベルト(ランチベルト)」として売られているものの方が、良かったかもしれない。

(2)マジックテープの硬い面が表になるようにスイッチを挟む。スイッチのヒンジ(回転軸)の位置を下の写真のようにする。左右のスイッチは、傾けて取り付けたほうがフィットしやすい。

(3)ネックピローに巻き付けて、位置を調整する。

●別の使い方

 あごのスイッチを外して左右スイッチだけにして、通常のネックピローの向きで使用することもできます。襟元のホックよりも、少し緩めの位置で固定できるような工夫が必要かもしれません。


◆連載
◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ


 
△ 先頭へ