まほろば

SSDに換装したらシステムが起動しない




.

SSDに換装したらシステムが起動しない

投稿者:マーチン  2018年11月23日 【記事印刷】

 Windows10のシステムディスクの容量が不足してきたので、容量の大きいSSDにクローンを作成して、ディスクを交換したけどシステムが起動しなかった。調べてみるとGPT形式のディスクではよく起こることらしい。WindowsPEを組み込んだUSBメモリを作成して、それを起動して、コマンドプロンプトで「bootrec /rebuildbcd」を実行することで対処できたので、その手順をメモしておきます。

●必要なもの

◆SSD

 120GBのSSDがいっぱいになってしまったので、容量の大きいものを購入しました。

【Amazon】Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ内蔵型 MZ-76E500B/EC
 

◆USB HDD外付けケース

 新規に購入するなら、USB3.0 でしょうが、持っていたUSB2.0 のものを使いました。

【Amazon】センチュリー USB2.0接続2.5インチSATA-HDDケース レッド CSS25U2RD
 

◆USBメモリ 2GB以上

●GPTとは

 「GUIDパーティションテーブル」のことで、容量が2TBを越えるHDDが使え、パーティションを最大128個まで作れる新しいパーティション方式です。 
 血液検査で、肝臓に異常があると数値が高くなるGPT(グルタミン酸ピルビン酸トランスアミナーゼ)ではありません。自分は健康診断で時々指摘されます。

●SSDをGPT形式でフォーマットする

 元のシステムに合わせてGPTでフォーマットしました。
 【Century】Windows10でのハードディスク(HDD)のフォーマット方法

●Windows PE のブートメディアを作成する

 「Windows PE」イメージのダウンロードから起動可能なCD/DVD・USBメモリ・ディスクイメージの作成までをGUIで行うことができる「AOMEI PE Builder」を使いました。「ツール同梱版」には、HDDクローンの作成、パーティションの変更、コマンドプロンプトの実行ができるAOMEI製のツールが入っているので、これ一つで今回の作業ができます。

 「AOMEI PE Builder」
【著作権者】 AOMEI Technology Co., Ltd.
【対応OS】  64bit版を含むWindows XP/Vista/7/8/8.1/10およびWindows Server 2003/2008/2008 R2/2012/2012 R2/2016
【ソフト種別】 フリーソフト
【バージョン】 2.0

(1)2GB以上のUSBメモリをPCに挿入する。
(2)【窓の杜】AOMEI PE Builder(ツール同梱版) をダウンロードする。
(3)ダウンロードしたファイル(PEBuilder.exe)を実行する。
(4)32-bitか64-bitかを選択して、[Next]をクリックする。

(5)追加ファイルがなければ、そのまま[Next]をクリックする。

(6)●USB Boot Device
 にチェクを入れて、[Next]をクリックする。

(7)”この操作でUSBメモリはフォーマットされます。”のメッセージに、[Yes]をクリックする。

(8)数分待つ。

(9)[Finish]をクリックする。

●システムのクローンを作成する

(1)[スタート] [設定] で、SHIFTキーを押しながら [再起動] をクリックする。

(2)[デバイスの使用] をクリックする。

(3)[EFI USB Device] をクリックする。

(4)USBメモリからWindowsPEが起動したら、 [AOMEI Backupper] をクリックする。

(5)[Clone] [Disk Clone] をクリックする。

(6)Source Disk でWindowsシステムの入っているディスクを指定する。

(7)Destination Disk で空のディスクを指定する。

(8)"Align partition to optimize to SSD" にチェックを入れて、[Start Clone] をクリックする。

(9)"The operation has been completed successfully."を確認して、[Finish]をクリックする。

●パーティションを変更する

 新しいディスクの後半に未割り当て領域ができるので、増設分全てがシステム領域で使えるようにパーティションを変更します。
(1)[AOMEI Partition Assistant] をクリックする。

(2)”WindowsRE_DEV”(Windows 回復環境) を選択する。

(3)パーティションのサイズを変えずに、一番うしろに移動する。

(4)”Windowsシステム”を選択する。

(5)サイズを最大に変更する。

(6)[Apply] をクリックする。

(7)[Proceed] をクリックする。

●ディスクを入れ換えて起動してみる

(1)既存のシステムディスクを外して、上で作成したディスクに換装して起動してみるが、以下のメッセージが表示された。

(2)UEFIファームウエアの設定が必要なので、Escキーを押す。

(3)起動するドライブの優先順位を、”USB Memory” が最初になるように変更する。(この操作は、PCによって異なります。)

●ブートセクタを修復する

(1)USBメモリからWindowsPEが起動したら、Shift+F10 を押して、[Open command window here] を選択する。

(2)" bootrec /rebuildbcd "とキー入力する。

(3)"Add installation to boot list ?"と聞かれたら、"y"とキー入力する。

(4)[Start] [Restart] [Shutdown] で、電源を落とす。

(5)USBメモリを抜いて、電源をいれる。

●ツールの使い方



◆関連記事
◆関連サイト

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ