まほろば

micro:bit でスイッチインターフェース製作(腕時計型)




.

micro:bit でスイッチインターフェース製作(腕時計型)

投稿者:マーチン  2018年12月13日 【記事印刷】

 腕時計タイプのものを作ってみました。市販品も検討したのですが、ボタン電池では寿命が短いし、外付けスイッチが使えないので、3Dプリンタでケースを自作して、単4電池2本を使い、2個の外部スイッチを接続できるようにしました。初試作ですが、何とか形になったので紹介します。


●市販品の場合

 コイン型電池を使って、コンパクトに仕上げるための市販品は、いくつかあります。
◆MI:power
 【秋月電子】MI:power board for the BBC micro:bit 680円
 【秋月電子】micro:bit マイクロビット用ケース Mi:Power対応 690円


 ベルトを付ける工夫をすれば、腕時計のように使えます。ブザーも内蔵されています。
 スライドスイッチが小さくて壊れそうなのと、ネジを外さないと電池を交換できないです。
◆バングルモジュール
【スイッチサイエンス】micro:bit用バングルモジュールキット 1,836円


 micro:bitの電源をオン/オフするスイッチとスピーカーが搭載されています。
 スライドスイッチが小さくて壊れそうなのと、基板がむき出しなのです。

●micro:bit の電源

 【Qiita】micro:bitの電源供給について によると、
 電源コネクタ(PHコネクタ)から供給する以外に、
・USB接続で、PCから供給する。あるいは、USBモバイルバッテリーを使う。
・エッジコネクタ(3VとGND と書かれた端子)から供給する。1.7~3.6V の範囲の電圧が許容される。
 電池の容量を大雑把な比較として、アルカリ単3を1とするなら、アルカリ単4は 1/2、電圧3Vのコイン型リチウム電池 「CR2032」は 1/10です。
 CR2032を使えばコンパクトに仕上げることができますが、頻繁に電池交換が必要なのは実用性に欠けるし、地球にやさしくありません。コンパクト(軽量)さと実用性のバランスを考えて、単4電池を選択しました。充電可能な単4電池(例えばエネループ)を使えば、地球にも優しいです。

●購入品

品目金額
【マルツ】小型マイコンボードmicro:bit 2,138円
【マルツ】スライドスイッチ(GB-SSW-SPDT-PNL)27円
【マルツ】3.5mmステレオジャック 基板取付用 (GB-35J-LTWC-BM)50円
【マルツ】圧電ブザー(PKM13EPYH4000-A0)100円
【マルツ】電池ケース 単4×2本 (BH421A)52円
万能ベルト108円/2
ニチフ 圧着端子 R0.5-3 6個
超低頭小ネジ M3×12 2個
サラコネジ M3×10 3個
M3 ナット 9個
M2 ネジ、ナット 2個、リード線、両面テープ、熱収縮チューブ
合計約2,600円

●ケース製作


◆印刷設定
3Dプリンタ: zortrax社 M200
スライサーソフト: Z-SUITE
材料: zortrax社 ABS

項目設定値備考
SUPPORT ANGLE30°
SUPPORT OFFSETYES
MATERIALZ-ABS
SUPPORT■LITE ■SMART BRIDGES
LAYER THICKNESS0.19 mm
PRINT QUARITYNORMAL
PATTERNPATT.0
INFILL DENSITY40%
※印刷時間 3時間弱 重量 25g

●組み立て手順

◆スイッチインターフェース
(1)電池ボックスの途中に、スライドスイッチをはんだ付けをする。さらに、ステレオジャック、圧電スピーカーにリード線をはんだ付けする。
(2)ケースに、電池ボックスを両面テープで、スライドスイッチをM2ネジで、micro:bit をM3ネジで取り付ける。
(3)圧電スピーカーをP0とGND、ステレオジャックをP1とP2とGND、電池ボックスを3VとGND に接続する。
(4)ケースに、圧電スピーカー、ステレオジャックを取り付ける。
(5)ケースの穴にベルトを通す。


◆スイッチ
 φ3.5mmのステレオプラグを使います。極性には注意が必要です。



◆連載
◆関連サイト

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ