まほろば

変わる君で1スイッチ操作1 (設定)




.

変わる君で1スイッチ操作1 (設定)

投稿者:マーチン  2018年1月14日 【記事印刷】

 「変わる君」にはスイッチの長、短の組み合わせのパターンで、複数のキー入力を模擬する機能があるので、1つのスイッチで4種類のスイッチの代わりをすることができます。「【まほろば】iOS11のスイッチコントロール6 (有線インターフェイス)」 の使用例5の操作を、1スイッチで実現しようとするものです。

●機器構成


●変わる君設定ツール

 変わる君の設定をするには、Windows パソコン上のソフトを使う必要があります。
 以降、【まほろば】iOS11のスイッチコントロール6 (有線インターフェイス) で説明した2スイッチで使うための設定に追加する形で進めますが、1スイッチで操作するには、マクロ No.001、No.002 は必要ありません。

◆変わる君設定ツールの起動
(1)Windows パソコンを起動する。
(2)【BitTradeOne】ダウンロード BTIC2 を開いて、設定ツール Ver*** [ KawaruKun_Ver***.zip ] をダウンロードする。
(3)「変わる君」と書かれた面を裏向きにして、USBポートに挿す。
(4)ダウンロードしたファイルを展開してできたファイル、KawaruKun_Ver***.exe を実行する。

◆マクロ設定
(1)マクロ名称に、”Space 1SW”と入力し、ITEMの1行目を[1回だけ実行]にする。
(2)[キーボードを押す] をドラッグ&ドロップ(以下、D&D)し、[Space]キーを押す。

(3)[動作間隔]をD&Dし、Valueをダブルクリックして、50に変更する。

(4)[キーボードを離す] をD&Dし、[Space]キーを押す。
(5)No.003 を選択して、[変わる君へ書き込み] をクリックし、[はい] をクリックする。

(6)マクロ名称に、”Enter 1SW”と入力する。
(7)2行目のキープレスのValueをダブルクリックして、[Enter]キーを押す。
(8)4行目のキーリリースのValueをダブルクリックして、[Enter]キーを押す。
(9)No.004 を選択して、[変わる君へ書き込み] をクリックし、[はい] をクリックする。

(10)(6)から(9)と同様に No.005 に[h]キーを登録する。
(11)(6)から(9)と同様に No.006 に[Tab]キーを登録する。

◆入力パターン設定
(1)[入力パターン設定]タブを選択する。
(2)以下のようにNo,01~04 のパターンを定義する。(パターン名称は何でもいい)
操作パターン名称実行マクロ名称
1回押しマクロ003:Space 1SW
短 短2回押しマクロ004:Enter 1SW
短 短 短3回押しマクロ005:h
長押しマクロ006:Tab


(3)[設定] をクリックし、[はい]をクリックする。

◆ボタン設定
(1)[ボタン設定]タブを選択する。
(2)ボタン1 
  ●パターン入力
  実行中マクロが終了後、マクロ実行
(3)■手入力
  150ms  (この数字を大きくすると、ダブルクリックの間隔が広がります。)

(4)ボタン2 (2スイッチ操作用の設定です。省略しても構いません。)
 ●ボタン入力
 マクロ004:Enter 1SW

(5)[設定] をクリックし、[はい]をクリックする。

◆設定のバックアップ
 設定内容をPCにバックアップしておく(必須ではない)なら、
(1)[マクロ設定]タブを選択し、[設定保存] をクリックする。

(2)適切なフォルダに、適切なファイル名で設定内容を保存しておく。

●設定の確認

 「Lightning USB 3カメラアダプタ」と「変わる君」を iPad と接続し、さらに、外部スイッチを接続する。
 スイッチコントロールをONにしません。テキストエディタ(例えば、メモ帳)を起動する。
 スイッチを 1回押し、2回押し、3回押し、長押しで、空白、改行、h、タブ(4つの空白) が入力できることを確認します。
 注)「変わる君」が接続されると外付けキーボードが付いているとみなされ、文字入力場面でも、スクリーンキーボードは表示されません。

●設定ツールの使い方

 「変わる君」は、とても優れた機能を持っていますが、「設定ツール」がちょっと独特なので理解するまで時間がかかりました。自分が迷った部分を中心に独自の解説をしておきます。
◆設定の保存
 設定が保存されているのは「変わる君」の中であり、そのデータを読み込んで、修正をして、また書き込むのがこのツールの基本的な使い方です。
 Windows PCのUSBポートに「変わる君」を挿入して、設定ツールを起動すると、変わる君内の設定内容を読み込み、画面に表示されます。但し、「マクロ作成エリア」の表示は変わりません。

◆マクロ内容の確認方法
 定義されているマクロの内容を確認するには、[マクロ設定]タブで、
(1)右下の[記録消去]をクリックする。(読み込んだ内容は追加されるので、マクロ作成エリアを空にしておく)
(2)マクロのNo. を選択する。
(3)[変わる君から読み込み]をクリックすると、「マクロ作成エリア」に表示される。

◆マクロ作成エリアの行追加、行削除
 マクロ作成エリアに行を追加するには、その下のアイコンをドラッグ&ドロップ(以下D&D)する。例えば、キーボードを押したことを追加するなら、[キーボードを押す]をD&Dすると、[キープレス]というITEMが追加される(この表記が違うことがわかりにくい要因の一つ)。行と行の間にD&Dすれば、そこにI行が追加される。
 行を削除するには、その行を[削除]アイコンにD&Dする。
 
◆各種ボタンの機能
[マクロ設定]タブ
設定保存 ・・・ 変わる君内の設定内容を、PCのHDDにバックアップする。
設定読込 ・・・ PCのHDDにバックアップしておいたデータで、変わる君内を書き換える。
マクロ記録 保存 ・・・ マクロ作成エリアに表示されているマクロをファイルに保存する。
マクロ記録 読込 ・・・ ファイルに保存されたマクロを、マクロ作成エリアに追加する。
[入力パターン設定]タブ
設定 ・・・ 設定ツールに表示されている「入力パターン」を、変わる君に書き込む。
[ボタン設定]タブ
設定 ・・・ 設定ツールに表示されている「ボタン設定」を、変わる君に書き込む。


◆連載

◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ