まほろば

NVDA 2014.1jp の使い方2(設定)




.

NVDA 2014.1jp の使い方2(設定)

投稿者:マーチン  2014年3月23日 【記事印刷】

 NVDAの各種設定について説明をし、設定を変更するためのショートカットキーを紹介します。

●簡単音声設定

 読み上げ音の速さ、高さ、音量は、NVDAメニュー(NVDA+N)で、音声設定設定ダイアログを開いて、スライダーで調整することができますが、それ以外に以下のショートカットでも変更が可能です。
 NVDA + Ctrl + 右矢印 を何度か押すと、『速さ R 50 高さ P 100 音量 O 100』のように、設定項目とその値を読み上げるので、変更したい項目になったら、NVDA + Ctrl + 上下矢印 で値を変更します。
 キーボード設定を、デスクトップにした場合とラップトップにした場合で、キーの割り当てが異なりますので注意が必要です。

デスクトップ用キーラップトップ用キー機能
NVDA + Ctrl + 左右矢印NVDA + Shift + Ctrl + 左右矢印前または次の音声設定項目を選択する。
音声、速さ、高さ、音量などを選択できます。選択できる項目は、音声エンジンにより異なります。
NVDA + Ctrl + 上下矢印NVDA + Shift + Ctrl + 上下矢印音声設定項目の値を増減する。

●句読点/記号レベル設定

 記号読み上げレベルは、、記号読まない、記号一部読み上げ、記号ほとんど読み上げ、記号全て読み上げの4つから選択することができます。
 例えば、通常は『記号一部読み上げ』に設定しておいて、括弧も読み上げたい場合は、『記号ほとんど読み上げ』に設定するという使い分けができます。
記号読まない・・・ 数字、通貨記号、丸付き数字、ギリシャ文字、ロシア文字
記号一部読み上げ・・・句点、読点と以下の記号
  ! " # % & ' + - = ~ | @ ` < > . / ? _ : ;
   …| ~ ■ ☆ ● △ 〒 → ⇒ ♭ ♪
記号ほとんど読み上げ・・・括弧 と以下の記号
  ・ ∥ ∝ ∫ ∬ ‰ † ‡ ¶ _
記号全て読み上げ・・・数学記号、罫線などを含む全ての記号

キー 機能
NVDA + P記号読み上げレベルを変更する。記号読まない、記号一部読み上げ、記号ほとんど読み上げ、記号すべて読み上げから選択する。

●設定変更

 NVDA + N を押して、NVDAのメニューを開いて、[設定] を選択し、[音声設定] や [キーボードの設定]で設定できる項目の一部を、コマンドで素早く変更することができます。誤ってコマンドを実行してしまう場合もあるので、「どんな項目が変更できるか」.,「既定値は何か」を覚えておいたほうがいいでしょう。

キー 機能
NVDA + 2入力文字の読み上げを切り替える。
有効な場合、NVDAはキーボードから入力されたすべての文字を読み上げます。
既定値は、「入力文字読み上げする」。
NVDA + 3入力単語読み上げを切り替える。
有効な場合、NVDAは入力されたすべての単語を読み上げます。
既定値は、「入力単語読み上げしない」。
NVDA + 4押されたキーの名称読み上げを切り替える。
有効な場合、NVDAは文字以外のキーの名称を読み上げます。このキーの名称には、Ctrlキーとその他のキーのようなキーの組み合わせも含まれます。
既定値は、「コマンドキー読み上げしない」。
NVDA + 5動的コンテンツの変化の通知を切り替える。
ターミナルやチャットプログラムの履歴など、特定のオブジェクトに対する新しいコンテンツの通知方法を切り替えます。
既定値は、「動的コンテンツの変化を通知する」。
NVDA + 6レビューカーソルのキャレットに追従を切り替える。
有効な場合、レビューカーソル(読み上げ位置)は自動的にキャレットが移動した位置へ移動します。
既定値は、「レビューカーソルをキャレットに移動する」。
NVDA + 7レビューカーソルのフォーカスに追従を切り替える。
有効な場合、フォーカス位置が移動したときに、レビューカーソル(読み上げ位置)も現在フォーカスがあるオブジェクトに移動します。
既定値は、「ナビゲーターオブジェクトをフォーカスに移動する」。

●NVDAメニュー

 NVDA + N でNVDAメニューを開き、さまざまな設定をすることができます。
◆保存
NVDAメニュー から、設定保存を制御することができます。
メニューキー機能
NVDA設定を保存するNVDA + Ctrl + C現在の設定を保存してNVDA終了後も設定が消えないようにします。[設定] [一般設定] の”終了時に設定情報を保存する” にチェックされていれば、自動的に保存されます。
NVDA設定を前回の保存に戻すNVDA + Ctrl + R
NVDA設定を初期状態に戻すNVDA + Ctrl + R ×3回初期インストール後の設定に戻す
◆設定
NVDAメニュー [設定] 以下のメニューで、各種設定ダイアログを開くことができます。
カテゴリキー 主な設定項目
一般設定NVDA + Ctrl + G
  • 終了時に設定情報を保存する
  • NVDA終了前に警告する
  • Windowsへのログオン後にNVDAを自動的に開始する
  • ログオン画面でNVDAを使用する
  • 自動的に確認してNVDAを更新する
  • 日本語設定
  • 無変換・変換をNVDAキーとして使用
  • かな文字・アルファベットのフォネティック読み
  • カタカナ・半角の声の高さ
  • 変換候補の番号の通知
  • 音声エンジンNVDA + Ctrl + S
  • 音声エンジン選択
  • 出力先デバイス選択
  • 音声設定NVDA + Ctrl + V
  • 声色、速さ、高さ、音量、抑揚
  • 自動的に言語を切り換える
  • 句読点/記号レベル
  • 大文字にビープ音をつける
  • 点字設定
  • 点字ディスプレイ、COM Port、変換テーブル選択
  • 入力・出力テーブル
  • カーソル位置の単語をコンピューター点字に展開
  • カーソル点滅速度
  • メッセージの表示終了待ち時間
  • キーボード設定NVDA + Ctrl + K
  • キーボードレイアウト
  • 入力文字・入力単語の読み上げ
  • 「すべて読み上げ」で流し読みを許可
  • コマンドキーの読み上げ
  • マウス設定NVDA + Ctrl + M
  • マウスポインター形状の変化を通知
  • マウスの追跡の有効にする
  • マウスが重なったオブジェクトの通知
  • マウス位置の明るさをビープ音の音量の変化で通知
  • レビューカーソル
  • システムフォーカスに追従
  • システムキャレットに追従
  • マウスカーソルを追従
  • 入力メソッド設定
  • 候補リストの自動通知
  • 選択した候補を通知
  • 候補の通知で文字を説明
  • 読み文字の通知
  • オブジェクト表示NVDA + Ctrl + O
  • ツールチップ・バルーン情報の通知
  • オブジェクトのショートカットキーの通知
  • オブジェクト位置情報の通知
  • 動的コンテンツの変化を通知
  • ブラウズモードNVDA + Ctrl + B
  • ページ読み込み時に自動読み上げ
  • フォーカスの変化を追跡する自動フォーカスモード
  • キャレットの移動を追跡する自動フォーカスモード
  • フォーカスモードとブラウズモード切替を音で通知
  • 書式情報NVDA + Ctrl + D
  • フォント名、フォントサイズ、色の通知
  • 表の行/列見出しの通知
  • リンク、見出し、リスト、ランドマークの通知
  • クリック可能の通知
  • 読み上げ辞書辞書に新しい読み方を追加できる。大文字と小文字を区別するを指定したり、正規表現による文字列置換もできます。
    句読点/記号辞書の編集記号の読み方、句読点/記号レベル(一部読み上げ、ほとんど読み上げ、全て読み上げ)を変更することができます。
    入力ジェスチャーNVDAのコマンドに割り当てられた入力ジェスチャー(キーボードのキー、点字ディスプレイのボタンなど)をカスタマイズできます。


    ◆連載

    ◆関連記事

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    .
    △ 先頭へ