まほろば

iPadでVOCA(Picaa)




.

iPadでVOCA(Picaa)

投稿者:マーチン  2013年4月9日 【記事印刷】

 Picaa(Plataforma Interactiva y Cooperativa de Apoyo al Aprendizaje) は、特別支援教育が必要とされる学生のための学習活動をつくるように設計された、iPad、iPhone用のアプリです。作成したサンプルデータを公開していますので、ご自由のダウンロードしてください。

●Picaa とは

ピカー アイコン
 作者の Alvaro Fernandez(アルバロ・フェルナンデス)は、スペインのグラナダ大学(Universidad de Granada)の研究者。
 特別支援教育で働く多くの専門家が、最初の要求仕様を実施し、開発したプロトタイプの評価に参加した。
 VOCAとして使えるほか、ジグソーパズルや神経衰弱や並べ替えなど、言葉や概念を覚えるための教材を作ることもできます。

●特徴

  • 無料
  • 時間を設定して自動的にページをめくる Sweep機能
  • 関連付け、パズル、説明、並べ替え、記憶の5つのタイプの教材の作成
  • 複数のユーザを設定でき、ユーザ毎に可能な操作を設定できる。
    • Drag:アイテムをドラッグする能力を持っているユーザ
    • Move:複数の対話で、アイテムを移動できるが、ドラッグできないユーザ
    • Touch:画面上のアイテムをクリックできるが、移動できないユーザ
  • 曜日によって、表示される教材を設定できる
  • 作成した教材を、1つのファイルにエクスポートできるので、他の人と共有することができる

●動画デモ


●インストール

(1)【iPad/iPhone】Picaa 無料 を開き、インストールする。
(2) Picaa を起動して、[Start] をタップする。起動したら、閉じる。

●サンプルデータのダウンロード

 作成したサンプルデータを公開します。ご自由にお使いください。画像は ドロップス、音声は GalateaTalk を使用していますので、再配布も問題ありません。
(1)iPadまたはiPhoneで、このページを開き、以下のリンクをクリックして、サンプルデータ をダウンロードする。

(2)[picaa で開く] をタップする。
(3)”Do you want to import the activity ○○○ ?” で [Yes] をタップする。
(4)[Users] で [+] をタップして、ユーザ名を入力し、[Create] をタップする。
(5)ユーザの [With activities] で、使用する教材にチェックを入れる。曜日ごとに表示する教材を設定できる。
(6)[Set as the current user] をタップして、現行のユーザにする。
(7)[Change user mode] をタップして編集モードからユーザモードに変更する。


◆連載

◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ