まほろば

iPad を拡大読書器として使う その1




.

iPad を拡大読書器として使う その1

投稿者:マーチン  2012年4月28日 【記事印刷】

 新iPad は、ディスプレイの解像度が高く、カメラの性能も良くなったので、拡大読書器として使えないか?と思い、試してみました。拡大読書器の専用機が、4万~20万円であることを考えれば、拡大読書器としてiPad を購入するのはありかも。

●iPad (2012年モデル) の仕様

カメラ : 500万画素、オートフォーカス、最短近接距離 約 7cm(実測、公称値ではありません。)
ディスプレイ : 解像度が2048 x 1536
iPhone と違って、iPad には、カメラにLEDライトついていませんので、暗い場所では使えません。

●固定方法

傾きが調整でき、足の面積が小さいものが使いやすいので、次のものを選びました。
【Amazon】サンワサプライ iPadスタンド(ホワイト) PDA-STN7W
【ioPLAZA】サンワサプライ PDA-STN7W

●標準アプリを使う

 標準アプリの「カメラ」を使って、郵便物を撮影してみました。


 ピンチインする(二本の指を置き、指の間隔を広げる)ことで、拡大できます。最大の拡大率で、次の写真になります。写っている場所を移動するには郵便物のほうを移動させます。

 新聞の上にスタンドごと乗せて、撮影しました。1段が全面に入るように、少しだけ拡大。写っている場所を移動するには、スタンドごとiPadを移動させます。

 iPad を縦長 (カメラの位置は右上) にして、もう少し拡大すると、文字の高さが15mmぐらいになります。

●「明るく大きく」を使う

明るく大きく
 色彩研究者が作った老眼鏡アプリです。画面を拡大したり、明るくしたり、くっきりさせたりできます。表示されている画面の静止させたり、明度を反転表示させる機能もあります。iPhone や iPad で共通に使えますが、iPad の時には、アイコンがもう少し大きいほうが使いやすいかなと思います。
【iPhone/iPad App】明るく大きく 無料



●「拡大鏡 ルーペ 虫眼鏡」を使う

拡大鏡 ルーペ 虫眼鏡
 画面をピンチインする(二本の指を置き、指の間隔を広げる)ことで、見たいところを最大8倍まで拡大でき、スワイプ(指を滑らせる操作)で拡大位置を移動できます。
 明るさ調整や白黒反転はできますが、コントラストの調整はできません。拡大表示は、再度撮影するのではないので、拡大時のピントは甘くなりがちです。
http://www.es-c.co.jp/app_lupe.php

【iPad App】拡大鏡 ルーペ 虫眼鏡 - ES CORPORATION 無料



◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ