まほろば

簡易スクリーンリーダ「Microsoft ナレータ」




.

簡易スクリーンリーダ「Microsoft ナレータ」

投稿者:マーチン  2010年10月24日 【記事印刷】

 Windows Vista の 簡易スクリーンリーダ「Microsoft ナレータ」について説明します。

●概要

 ナレータは、視覚に障碍のあるユーザーのために、テキストの内容を音声化するユーティリティです。ナレータは、画面に表示されている内容を読み上げます。たとえば、アクティブなウィンドウの内容、メニュー オプション、ユーザーの入力したテキストなどです。

 ナレータは、メモ帳、ワードパッド、コントロール パネルの各プログラム、Internet Explorer、Windows デスクトップ、および Windows セットアップで動作するように設計されています。その他のプログラムではナレータは正しくはっきりと読み上げない場合があります。かな漢字変換中の文字を読み上げてくれません。

 ナレータ のWindows 2000 バージョンは、SAPI4を使っており、他のSAPI4音声も許されていました。Windows XPバージョンは、SAPI5を使っていますが、デフォルトの音声、Microsoft Sam しか許されません。Windows Vista では、ナレータは、SAPI 5.3 を使うようにアップデートされ、Microsoft Anna か、中国語システム用に Microsoft Lili が使われます。

●日本語音声合成エンジンのインストール

 「Microsoft ナレータ」を使うには、SAPI5に対応した音声合成エンジンが必要です。

●ナレータを常に起動する

(1)[コントロールパネル] から、[視覚ディスプレイの最適化]を選択する。

(2)”テキストや説明が音声で読み上げられるのを聞きます”の、
    ■ナレータを有効にします
にチェックを入れ、[保存] をクリックする。

(3)"音声を選択してください"というメッセージに、[閉じる]をクリックする。
  ※このメッセージが出ないようにする方法がわかりません。ご存じの方は教えてください。

(4)Microsoft ナレータ が起動する。

●ナレータを一時的に起動する

(1)[スタート]ボタンから、”ナレータ”と入力する。

(2)[ナレータ] をクリックする。

●音声を設定

(1)Microsoft ナレータ の[音声の設定]をクリックし、音声を選択して、[OK] をクリックする。

●音質が良くない?

 ナレータで音声設定を変更すると、何故か、音質が良くない(声が割れる)ことがありました。原因は不明ですが、ナレータで設定した音声を、規定の合成音声にも設定すると音声が正常に戻ったので、やり方をメモしておきます。
(1)ナレータを終了する。
(2)コントロールパネルから、[クラシック表示]を選択し、[音声合成]をダブルクリックする。

(3)”音声の選択”で、ナレータの設定と同じものを選択し、[OK]をクリックする。

(4)ナレータを起動する。

●キーボード ショートカット

・キーボード操作
ショートカット
操作
Alt + Tab 別のプログラムに切り替える
Tab 次のボタンまたはツールに移動
方向キー ドロップダウン リストから項目を選択する
Space チェックボックスやオプションボタンをオン/オフする
Windows + U ユーティリティ マネージャを開く

・ナレータのコマンド
ショートカット
操作
Ctrl + Shift + Enter
現在の項目に関する情報を得る
Ctrl + Shift + Space
選択したウィンドウ全体を読み上げる
Ctrl + Alt + Space
選択したウィンドウのレイアウトを読み上げる
Ins + Ctrl + G
現在選択中の要素に隣接している独立要素の説明を読み上げる
Ctrl
ナレータがテキストを読み上げるのを停止する
Ins + Q
カーソルを前方へ移動し、書式設定が異なる任意のテキストの先頭に置く。たとえば、カーソルは、太字の単語から、前方にある太字以外の単語の先頭に移動します。
Ins + W
カーソルを後方へ移動し、書式設定が異なる任意のテキストの先頭に置く。たとえば、カーソルは、太字の単語から、後方にある太字以外の単語の先頭に移動します。
Ins + E
カーソルを前方へ移動し、書式設定が同じ任意のテキストの先頭に置く。たとえば、カーソルは、太字の単語内から、その単語の先頭に移動します。
Ins + R
カーソルを後方へ移動し、書式設定が同じ任意のテキストの末尾に置く。たとえば、カーソルは、太字の単語内から、その単語の末尾に移動します。
Ins + F2
カーソルの位置の文字と書式設定が同じテキストをすべて選択する
Ins + F3
現在の文字を読み上げる
Ins + F4
現在の単語を読み上げる
Ins + F5
現在の行を読み上げる
Ins + F6
現在の段落を読み上げる
Ins + F7
現在のページを読み上げる
Ins + F8
現在のドキュメントを読み上げる

◆関連リンク

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ