まほろば

WebVisum 8(ページ修正の共有)




.

WebVisum 8(ページ修正の共有)

投稿者:マーチン  2010年3月27日 【記事印刷】

 Windows 7、NVDA 2009.1j、Firefox Ver.3.6、WebVisum Ver. 0.7.7 で確認した記事です。現在、内容のサポートはしていません。
 「WebVisum (ウェブビザム)」を使えば、画像やフォーム、重要なタイトルのためのラベルなど、Web ページのアクセシビリティのための「修正」をコミュニティで共有できます。

●オブジェクトのラベルを変更

(1)まほろばのトップページを開く。
(2)[目次]のリンクにフォーカスを移動し、Ctrl+Alt+1 を押す。

あるいは、アプリケーションキー (またはShift+F10)、下矢印で、[Label Link (1)] を選択する。

(3)ダイアログボックスが表示され、”目次”という呼び方を、”目次へジャンプ”と変更して[OK]ボタンを押す。

(4)表示が、”目次”から”目次へジャンプ”に変更された。

(5)次に、Ctrl+Shift+1 を押すと、変更された部分が、黄色の背景+太字の文字で強調される。もう一度、Ctrl+Shift+1 を押すと元に戻る。

(6)F5キーを押して再読み込みをすると、代替情報は元に戻るが、Ctrl+Alt+R を押すと、WebVisumサーバーから代替情報が読み込まれる。

※オブジェクトが選択されていない場合は、ブーというエラー音が鳴る。

※WibVisumメニューから、[Preference] [General] を選択し、
■Annotate or modify pages on load automatically
(自動的にロードしてページに注釈あるいは変更する)
にチェックが入っていると、(5)の代替情報の読み込みは、自動でなされる。

※代替情報は、コミュニティで共有されるため、別のアカウントでログインしても、読み込むことができる。

●ページタイトルを変更

(1)オブジェクトのラベルと同様の手順で、Ctrl+Alt+3 を押すと、現在のページのタイトルを変更できる。

あるいは、アプリケーションキー、下矢印で、[Label page (3)] を選択する。

●修正していないページを表示する

(1)修正したページを表示している状態から、変更していないページに戻すには、WebVisumメニューから、[Tools] [Show Unmodified Page] を選択する。

●ページの修正表示をしないドメインの設定

(1)WebVisumメニューから、[Tools] [Block This Domain] を選択すると、

(2)情報バーに、”The domain 'mahoro-ba.net' will not be enhanced by WebVisum from now on.”(ドメイン'mahoro-ba.net'は、今からWebVisumによる拡張表示をしません) と表示される。

(3)WebVisumメニューから、[Preferences] [Trigger] を選択すると、"Blacklist"の中に、ドメイン名が追加されている。これを削除すれば、拡張表示するようになる。


◆連載

◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ


 
△ 先頭へ