まほろば

Java の古いバージョンのファイルを削除する




.

Java の古いバージョンのファイルを削除する

投稿者:マーチン  2012年5月26日 【記事印刷】

 Javaアプリケーションを実行するために必要なのが、Javaランタイム(Java Runtime Environment, JRE)。プログラムが更新されると、システムトレイ(通知領域)にオレンジ色にティーカップのアイコンが表示され、バージョンアップが催促されます。でも、それを繰り返すと使わなくなった古いバージョンがHDDに残ったままになります。不要なファイルやレジストリを一気に消せるソフトが、「JavaRa」です。

【 ソフト名 】 JavaRa Ver.1.16
【 著作権者 】 Paul McLain & Fred de Vries
【 動作環境 】 Windows 9x / 2k / XP / Vista / 7
【ソフト種別】 フリーソフト(ソースコード公開)

●ダウンロードとインストール

(1)「singularlabs」 から、右側メニューの [Download] をクリックする。

(2) Windows Binary (.zip) Version **** の右の[Download] をクリックして、ファイルを保存する。

(3)ダウンロードした圧縮ファイル(JavaRa-1.16-5-5-12.zip)を解凍(展開)する。

●Java を更新する

(1)JavaRa.exe を実行する。
(2)[English] を選択し、
  ■Remember my selection
 にチェックを入れて、[Select] をクリックする。

(3)[Serch For Updates] (更新を探す)をクリックする。

(4)●Update Using jucheck.exe
にチェックを入れ、[Search] をクリックする。

(5)更新がなければ、

(6)更新があれば、



●古いファイルを削除

(1)JavaRa.exe を実行する。

(2)[Remove Older Versions] (古いバージョンを削除する)をクリックする。

(3)”This will remove all older ・・・”(全ての古いバージョンの Java JRE を削除します)
 に対して、[はい] をクリックする。

(4)”In order for JavaRa to do ・・・”(Internet Explorer を使っていたら、今閉じてください)というメッセージが表示されたら、Internet Explorer を閉じてから、[OK]をクリックする。

(5)削除されたファイルが表示される。

(6)”Finished searching for all old version ・・・”というメッセージが表示されたら[OK]をクリックすると、ログファイルが表示される。

●実行例

(1)実行前の「プログラムの追加と削除」。沢山のJava関連プログラムがインストールされている。

(2)実行後の「プログラムの追加と削除」。2つだけになった。

(3)実行前の「C:¥Program Files¥Java」フォルダのサイズ。656MB

(4)実行後の「C:¥Program Files¥Java」フォルダのサイズ。84MB


◆関連記事

  このエントリーをはてなブックマークに追加
.
△ 先頭へ